ゼニア生地のスーツが49,000円〜詳細はこちら

ストレッチスーツのメリットとデメリットを徹底解説!

blank

ストレッチスーツとは何かご存知でしょうか。

活発に動き回るビジネスマンにとって、ストレッチしないスーツよりもストレッチするスーツの方が快適だと考える方も多いと思います。

意外かもしれませんが、オーダースーツにおいてストレッチは必要ないケースがほとんどです。

今回は、ストレッチスーツのメリットやデメリットついて

なぜ、オーダースーツにおいてストレッチは必要ないのかについて解説します。

結論

ストレッチスーツのメリット:シワになりにくく動きやすい!

ストレッチスーツのデメリット:生地が伸びきってだらしなく見えたりクリーニングに出すときに注意が必要!

zegna mokujiue - ストレッチスーツのメリットとデメリットを徹底解説!
目次

ストレッチスーツとは

ストレッチスーツとは、一般的なスーツに比べ伸縮性がある生地で作られたスーツのことです。

ストレッチスーツの特徴としては、ヒジ、ヒザなどの稼働部分やスーツ全体がストレッチするため、非常に動きやすく快適に着用できることです。

また、ストレッチ素材の多くはシワになりにくい機能が備わっているため出張などで長時間座っていることが多い日や、スーツがシワになってしまうようなシーンでの着用にも向いています。

ストレッチスーツの素材

2019.10.1 2 500x500 - ストレッチスーツのメリットとデメリットを徹底解説!
化繊(ポリウレタン)入りの生地

一般的に使用されているスーツの生地は、ウール、ポリエステルと混紡された生地が多いです。

ストレッチスーツには、伸縮性の高いポリウレタン系のライクラ、耐久性のあるポリエステル系のソロテックスの2つが主に使われています。

ストレッチスーツの素材は、やや特殊な素材なので製造自体がそこまで多くありません。そのため、一般的なスーツに比べてデザインやカラーの選択肢が少ない傾向があります。

またストレッチスーツに使われる生地は、生地自体がザラザラしているものが多く、一般的なスーツ生地に比べると廉価な印象です。

ザラザラしていない素材のストレッチスーツを作る場合は、その分値段が高くなります。

ストレッチスーツのメリット

スーツでも動きやすい

ストレッチスーツ最大のメリットの一つである動きやすさ。

ストレッチと呼ばれるゆえんは、通常のスーツには使用されないポリエステルやポリウレタン、ナイロンなどの伸縮性のある化学繊維が混紡されるためです。

それらの化学繊維がウール100%よりも広い可動域を実現してくれるので、ストレスフリーな着用感をもたらしてくれます。

特に普段スーツではなくストレッチの効くカジュアルな衣服を着用する方に人気です。

シワになりにくい

シワは印象や保管に大きく関わってくる要素です。

化学繊維を含むストレッチスーツはシワが付きづらい特長も持ち合わせています。

化学繊維の特長として、反発力が強いことが挙げられます。

反発力が強いため昔はスーツに用いられづらかったのですが、今ではその特徴を活かせる織り方が開発され、手入れもしやすく着回しやすいスーツとして人気があります。

ストレッチスーツのデメリット

生地が伸びきってしまった場合に見た目がだらしなくなる

動きやすさが特長なため、ほぼ毎日着回していたり、しゃがんだりなど激しい動きを頻繁に行っていると、スーツの生地が伸び切ってしまいます。

その場合、サイズ感が変わってきたりします。見た目の印象に影響が出てきてだらしなく見えてしまうので、過度に生地を伸ばしてしまうような動きはストレッチが効くスーツだとしても避けましょう。

クリーニングに出す時に注意が必要

ストレッチースーツをクリーニングに出す際には、化学繊維が混紡されていることを伝えずにクリーニングしてしまうと、生地が痛む可能性があります。

通常のドライクリーニングでは何度もクリーニングに出しているとストレッチ生地が固くなったりするため、せっかくの特性も損なわれてしまいます。

普段からブラッシングでケアすることを心がけましょう。

こんな人にストレッチスーツがおすすめ

以下の方はストレッチスーツの着用がおすすめです。
一般的な生地のスーツよりも、ストレッチスーツの方が快適に着用することができます。

タイトに着たい方

通常のスーツ生地で快適さとタイトを両立させて着こなすためには、生地のグレードや縫製の品質をかなり上げないと難しいです。

比較的安価かつ自分のヌード寸と同じくらいタイトさを求めるなら、ストレッチスーツがおすすめです。

特にタイトなスーツはシワや肘・膝が出やすいため、ただ生地が伸びるだけでなく、戻る力のある弾性回復性が高い生地を選ぶようにしましょう。

スポーツマン体型の方

スポーツマン体型の方は既成のスーツだと胸板のシルエットがきれいに出なかったり、腕周りと太ももが合わなかったりするなどの問題が起きやすいです。

筋肉の付き具合にもよりますが、ストレッチ素材のほうがシワも出にくくシルエットもキレイに見えやすいです。

ストレッチ素材をチョイスするだけでなくイージーオーダーやフルオーダーなど細かい体型補正が効くオーダースーツで仕立てるのがベストです。

レディーススーツ

レディーススーツはタイトに着るとボディラインを必要以上に見せてしまったり、窮屈で動きづらくなってしまいやすいです。

そのためストレッチの効いた素材を選ぶことで、ストレスフリーな着心地に近づけていきましょう。

とはいえ機能性だけでなく見栄えも大切なポイント。

綺麗にスーツを着こなしたい場合は天然素材を使用したストレッチスーツがおすすめです。

オーダースーツでストレッチスーツにする必要がない理由はこちら!

2019.10.1 4 500x500 - ストレッチスーツのメリットとデメリットを徹底解説!

オーダースーツはストレッチスーツのようにストレッチがなくても快適に着れる

意外と見落としがちなのですが、ストレッチ素材を使わずとも快適にスーツを着こなすことはできます。

量販店などで売られている既成のスーツは、その会社の考える標準体型に合わせて作られているため、標準サイズがしっくりくる方以外は基本的にサイズがあっていないんですね。

対象的に、オーダースーツは一人ひとりの体型に合わせて採寸をしていくため、ストレッチ素材を使う既成のスーツよりも快適になるよう仕上げていきます。

(※オーダースーツの種類によっては細かい体型補正が効かない商品もあるため気をつけましょう。)

使用する生地の伸縮幅や身体の可動域も計算して採寸しているから

弊社のようにビスポークスタイル(対話型)のテーラーでは、お客様のお悩みやご用途をお伺いした上で生地選びや採寸をしていきます。

そのため、ストレッチ素材の生地以外にも、伸縮性の高い天然生地などがあるため、様々なアプローチでサイジングや快適性の向上などお悩みを解決していくことができるのです。

おすすめの生地

伸縮性のあるスーツを作る場合、生地はトーニャのエストラートがおすすめです。

トーニャ社は、上質な生地を提供し続けるブランドとして有名で、その代表作とも呼べるのがエストラートです。

エストラートは細番手のウール素材ならではの光沢感と、ウール100%とは思えない抜群の伸縮性を持つことが特徴です。

まとめ

様々なシーンで活躍するスーツ。

楽にストレスフリーな着心地を求めるにはまず既成のストレッチスーツで試してみてはいかがでしょうか。

既成のストレッチスーツでもいまいちフィットしない場合は、オーダースーツを検討してみるといいでしょう。

ぜひ弊社でもお悩み解決のお力添えをさせていただきますので気軽にお電話やメールなどでお問い合わせくださいませ。

あわせて読みたい

blank
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
戻る
目次
閉じる