glossary kemawashi 789x550 - ケマワシ(蹴廻し)とは

読み:けまわし

テーラー用語でスーツの上着の裾回り、ヒップ廻りのこと

Stylist’s Voice

「蹴廻し」とは、一般的に着物や袴 などの和服、スカートやコートなどの洋服の裾回り全体の寸法のことを言いますが、テーラー用語ではスーツの上着の裾回り、ヒップ廻りのことを指します。

ケマワシは、ゆとりが足りていなかったらベントが開き、ゆとりがありすぎたらベントが拝み重なりすぎてしまいます。
着用時、動いたときにも歪みが出ないよう神経を使う箇所で、ウエスト位置からの滑らかなシルエットを構築させるためにも最も重要なポイントと考えております。

うまく構築できた際には前からも横からも後ろから、どこから見ても美しいシルエットを実現します。

09259 01 - ケマワシ(蹴廻し)とは着こなしやボタン位置、ジャケットのすべての要素とのバランスを考慮してサイジングします

計測はもちろんのこと、生地の硬さ・厚さなどの特徴も考慮し、裾の長さやベントとの兼ね合い、パンツとのバランスなど全身までも考えながら作り上げていきます。

関連ブログ

関連項目

サイドベンツ

 

オーダースーツの用語集トップへ