HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

大阪・京都のオーダースーツサロンサルトクレイスです。

今日は谷町本店にて新しく取り扱い始めるHOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)について。

せっかくホーランドシェリー扱い始めて一発目のブログなので生地の紹介から。歴史はちょっと堅苦しいと思うので。

目次

ビジネスシーンで使いたいINTER CITY

まずはINTER CITY(インターシティ)から。

英語が苦手ではありますが…。

DSC 0369 1 500x500 - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います

なるほどなるほど…。このインターシティは特にビジネス環境を想定したコレクションと。良い仕立てと組み合わせることで実用的で長持ち。クラシックで伝統的な英国調でヘビーウェイトということ。

一段落目が大体こんな感じ。ヘビーユースが想定されるビジネスシーンでの着用に向けたコレクション。タフっていうのはかなり魅力的。シワに強いし摩耗にも強くて短時間でお尻に穴が開いたりもしない‼
次の段落へ。

縦横共に60番手双糸でしっかりと打ち込まれた生地。高い耐久性ときれいなドレープがあってテーラリングに最適だ。

よく言われる打ち込みのしっかりとした生地だ、としっかりとアピールしている。その後の一文ではperfectという単語が出てきて少し身構える(perfect forの意味を初めて知った)
「高い技術力がより発揮されるんだ」と言っているように聞こえる。
あと2段落続けて行こう。

伝統的な街で着るスーツは2つの主なアイテム、ツーピーススーツとも呼ばれるジャケットとトラウザーズによって成る。ウエストコート(ベスト)は特にスマートな勤務環境(イギリスでどういう意味を指すのかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい)や重要なミーティングで着るんだ。
インターシティコレクションはクラシックなネイビーとグレーのストライプをラインナップしている。なす色や紫のストライプみたいな色もあるよ。他にもグレンチェックやシャークスキン、バーズアイにヘリンボーンを完備している。

少ない語彙力でノリと勢いで大体のニュアンスが伝わるようにしました。違っていたらごめんなさい。

まず生地のラインナップについてクラシックで使いやすい色や柄を取り揃えていて良いんだというアピールがすごく伝わってくる。実際に写真で。

DSC 0372 1 270x270 - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います
DSC 0371 1 500x500 - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います
DSC 0370 1 500x500 - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います

説明にあるようにビジネスシーンで使いやすいものばかり。シンプルな無地飽きたという人にも織柄で変化のあるものおすすめ。普遍的で多少の影響は受けようとも流行り廃りの影響を受けにくいラインナップなので生地タフさも相まって長く使うことができる(ストライプは巾なんてまさに鉄板のバランス)

次に3段落目驚いた(話す順序ばらばらでごめんなさい)。なんとなくイメージでイギリスで着られているスーツって重厚感のあるスリーピーススーツをイメージ。ところがジャケットとトラウザーズのツーピースで良いよと…。ウエストコート(ベスト)は特別な時に着るものなんだと。(あくまで一緒に誂える前提なのは少し面白い)
某オーダースーツ店の方がYoutubeでこれについて話していたなぁ。

Vintage Suiting CITY OF LONDON

もうひとつサルトクレイスで取り扱い始めるのがCity of London。こちらはVintage Suitingとあるようにヴィンテージライクな生地が魅力的。

DSC 0373 500x500 - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います

こちらもINTER CITYと同様にビジネスシーンを想定したコレクション。というか最初の段落はまんま同じ文言…(ニュアンス掴むの楽かも…)

このコレクションは目の肥えたプロフェッショナルへ向けたコレクションだ。メリノウールを使っているんだ。36番手の縦横双糸を使ってしっかりと打ち込んでいる。このクオリティは耐久性ときれいなドレープを生み、シェイプの効いた服を可能にするんだ。

所々(というか全体的に)ノリ…。多分大体こんな感じ。
さて36番手双糸というとKynoch(カイノック)と同じ。でもアプローチの仕方が違っているので全然違った雰囲気が感じられる。City of Londonはシェイプの効いたシルエットを出すことができるとのこと。イギリス的なスタイルと言えばウエストでしっかりと絞ったシルエットが特徴的なので相性バッチリ。
残りをまとめて。

クラシックな英国スタイルにインスパイアされたこのコレクションは伝統的な織りであるツイル、ヘリンボーン、バーズアイやピンストライプやチョークストライプ、グレンプレイドにハウンドトゥースのようなクラシカルな柄を揃えている。
私達は英国的なテーラーのルックに適切なチョイスであると信じて疑わない。

クラシカルなラインナップであることがよくよく伝わってくるー。昔ながらというか英国的なスタイルと言われてイメージするの最適だろうと感じる。ラインナップは説明文にもあるようにクラシカルなものが多く普遍的。めちゃくちゃ強く主張するわけでもないし特徴的すぎることがないので長く使うことができる。

DSC 0377 500x500 - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います
DSC 0376 500x500 - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います
DSC 0374 1 500x500 - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います

しっかりとした生地感でタフなのが魅力的。今ある手持ちのスーツと違った雰囲気のものを楽しみたい方にはピッタリなのがCity of London。

HOLLAND & SHERRYイチオシ

チェンジポケットやグレンプレイドなど英国的な要素を少しずつ取り入れている近年。一度生地の風合いも英国的にするのはいかがだろうか。

サルトクレイス谷町店 髙橋

サルトクレイスでは全店でコロナ対策に取り組んでいます。
アルコール除菌を店頭にてご用意しておりますので、ご来店の際は気兼ねなくお使いくださいませ。
※スタッフはマスク着用しています。

サルトクレイス谷町本店

オーダースーツサロン
SARTO KLEIS(サルトクレイス)谷町本店
営業時間 火曜日 - 日曜日 11:00~20:00
定休日:月曜日
大阪府大阪市中央区糸屋町1-2-3
TEL:06-4790-5551

ja - HOLLAND & SHERRY(ホーランドシェリー)扱います

谷町店詳細

ネット予約する >

電話予約する >

URLをコピーする
URLをコピーしました!

人生寄り添った
オーダースーツ

まずはお気軽にお問い合わせを。

オンラインでのご予約はこちら
お問い合わせはこちらから
オーダーの流れ

記事を書いたスタッフ

記事の感想をどうぞ

コメントする

目次
閉じる