glossary manicacamicia 789x550 - マニカ・カミーチャ とは

読み:まにか・かみーちゃ
イタリア語:Manica Camicia
別名:シャツ袖(しゃつそで)、雨降り袖(あめふりそで)
使用箇所:ジャケット

肩パッド等を使用しない袖付けの技法

Stylist’s Voice

イタリア南部ナポリ地方で使われる、肩にギャザーを寄せて袖付けをする技法のことです。
イタリア語で「マニカ」が袖、「カミーチャ」がシャツという意味を持ちます。つまり「マニカ・カミーチャ」とは「シャツの袖」の意。

その名の通り、肩パッドなどの付属類はすべて使用せず、袖を取り付ける際にはいせ込みを入れて仕立てます。
そのいせ込みによって現れる縦のドレープの形状から「雨降り袖」「雨降らし」とも言われます。

09162 - マニカ・カミーチャ とは「いせ込み」の技術が作り出すやわらかなドレープの陰影

また、いせ込みの分量により肩の可動域が大きくなり、上半身がより動きやすく着心地が快適になります。
仕上りイメージはイタリアスーツ特有の全体的に柔らかい雰囲気になるのが特徴です。

ビルドアップのお仕立てよりもリラックスした印象にもなります。
こなれ感も出ますので柔らかな生地と合わせて、ナポリ風のジャケパンスタイルにもおすすめです。

07703 - マニカ・カミーチャ とは生地の厚みや張り、いせ込みの技法でややふんわりとしたシルエットにもお仕立てできます

07729 - マニカ・カミーチャ とは「こなれ感」のあるジャケパンスタイルに

関連ブログ

関連項目

ケマワシ(蹴廻し)

 

オーダースーツの用語集トップへ