今月の開催中キャンペーン情報

ホリゾンタルカラーに合うネクタイの選び方や結び方を紹介!カッタウェイとの違いは?

blank

ホリゾンタルカラーシャツの着こなしで、ネクタイの選び方や結び方に悩んでいませんか?

この記事では、ホリゾンタルカラーにぴったりのネクタイの選び方や結び方を詳しく解説します。

また、カッタウェイカラーとの違いについて、どちらがどの場面に適しているかをプロの視点で紹介します。

あなたのスタイルを格上げし、ビジネスシーンやカジュアルシーンで自信を持ってホリゾンタルカラーシャツを着こなしましょう。

目次

ホリゾンタルカラーシャツの特徴

「ホリゾンタル」とは「水平」を意味する言葉で、ホリゾンタルカラーはその名の通り襟羽開きがほぼ水平のデザインの襟型になります。

ホリゾンタルカラーシャツに合うネクタイの選び方

襟の開きが大きいのでセミウィンザーノットでボリュームを構成するのが一般的かと思いますが、プレーンノットでもブレない心意気を感じます。

ここではもう少し掘り下げてご紹介出来たらと思います。

シンプルなソリッドネクタイ

ベースがチェック柄やストライプでも、無地のネクタイで整合性がとれます。

バランスも良くこなれた印象でコーデを組めます。

ストライプネクタイ

レジメンタルやクラブタイといった「トラッド」に属するネクタイの柄ですね。基本的には幅広い襟型で対応できます。

ホリゾンタルカラーシャツに合うネクタイの結び方

ノーネクタイでも大人の色気が出る「ホリゾンタルカラー」ですが、タイドアップする事でより英国に近い気品が漂います。

シンプルノット

プレーンノットとしても知られ、フォアインハンドノットとも言います。手軽に結べて、やや非対称の結び目が特徴の最もポピュラーな結び方です。

ボタンダウンやフォワードポイントのような襟の開きが小さく、襟先が長いカラーと相性がよく、特別なフォーマルシーンを除き、ビジネスシーンをはじめあらゆる場面にふさわしいといえるでしょう。

初めてネクタイを着用される方にもおすすめの結び方です。

ダブルノット

結び目が縦に長くなるダブルノットは、ネクタイの結び方の中でも比較的簡単で初心者にもおすすめです。

どんな体格の方でも上手にバランスよく合わせることができ、シャツの襟の形も特別気にする必要がありません。

ビジネスやフォーマルなシーンに特に向いており、礼服にも合う結び方です。

しかし、他の結び方よりも結び目のボリュームが大きくなってしまうため、幅の広いネクタイや生地に厚みのあるネクタイではなく、細身のネクタイを使用するのがいいでしょう。

また日本とインポートではネクタイの長さが大幅に違ったりするので、そういった局面での長さ調整にもなるのがダブルノットです。

エルドリッジノット

エルドリッジノットという結び方は、プライベートで個性的に着こなしたいという方におすすめです。

全体のシルエットは逆三角形とオーソドックスですが、結び目に段が入っており、まるでネクタイを編み込んだかのように見えます。

結婚式の二次会などのパーティーシーンにおいて、華やかさを演出する事は出来ますが、クラシックという枠組みではありません。

ホリゾンタルカラーシャツの着こなし

ドレスシャツの入門編の方はなかなか想像しづらいかと思いますが、少しでもシャツに興味がある世代では1枚は所持されているかと思います。

ここでは多種多様な着こなしについてご紹介します。

ビジネスシーン

イタリアでは昔から人気がある「ホリゾンタルカラー」ですが、日本ではあまり気にせず着用されている方も多いはず。

しかし、最近ではクールビズに合わせてホリゾンタルカラーシャツも多く販売され、ビジネスシーンに活用できるシャツとして注目されています。

ホリゾンタルカラーは、ほぼ水平に開いてる襟なので、結び目が割と大きめの方が小剣が襟の内側から見えずに安定的です。

ホリゾンタルカラーと相性がよい結び方は以下の2つなので参考にしてみてください。

※ウィンザーノット…結び目が大きくしっかりとした結び目になって型崩れしにくい
※セミウィンザーノット…ウィンザーノットよりもやや小さ目の結び方

この2つの結び方は、左右均等で綺麗な逆三角形が出来るのでビジネスシーンに最適と言えます。

カジュアルシーン

カジュアルシーンにおいては、ビジネスシーンよりもスタイルの幅が広がります。

第一ボタンを外し「襟のアーチを強調する」のもいいでしょう。首まわりがすっきり見え、コーディネート全体が軽快な印象になります。

またデニムやダンガリーといったカジュアル素材との規格も多く出てきてますので気負いなく着用できます。

ホリゾンタルカラーとカッタウェイカラーの違い

(写真真ん中ホリゾンタル 右カッタウェイ)

最後に似たような襟型でも微妙に作りが違うこの2型をご紹介します。

「ホリゾンタルカラー」と「カッタウェイ(カット&アウェイ)」。

改めて言葉にするとあまりピンと来ない方には最適な内容にしたいと思います。

襟の開き

一般的には襟の開きが180度以上の襟型を「カッタウェイ」。

襟の開きが180度以上のものでほぼ水平に見えるものを「ホリゾンタル」と呼びます。

デザインの違い

より先端が首の後ろに伸びているのが「カッタウェイ」。

水平にエレガントなデザインの形状が「ホリゾンタル」になります。

デザイン性にほぼ変わりはありませんが両方ともエッジの効いたディテールでイタリアの高級シャツブランドは大昔から使用しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段なんとなく選んでいるシャツの襟型も、実は昔から存在するデザインで、クラシックであるという事です。

時代の周期で、またはその世代で受け入れられる認識や共感も変わっているのでしょう。

  • URLをコピーしました!
目次