やっほー!
ゴリラ先生だよー。

ゴリラ先生テニス始めることにしました。
なんとなーく急にやってみたくなった!

後輩くんがテニスやってたみたいで相手いるうちに。
ひとりじゃできないことだからなおさらね。


あれ、、、

“やりたいことやろうよ!!!!!”
“思い立ったらすぐ行動に移すんだ!!!!!”
って絶叫してる意識高い系おじさんになってませんか?


ラケットはキリオスのモデルにしました。大坂なおみちゃんも確か一緒なんかな?ガットもグリップテープの色もキリオスと一緒にしました。はい。格好からはいるおじさんです。

View this post on Instagram

HIGHEST IN THE ROOM

A post shared by Nick Kyrgios (@k1ngkyrg1os) on

こんだけ冒頭から雑談してて今日の私物紹介はテニスラケットではありません!


これや。

ロロ・ピアーナのタスマニアンです。
色はチャコールグレーの無地です。

ロロ・ピアーナの中でも王道で代表的な『タスマニアン』シリーズです。スーパー150sと繊細でとにかく光沢がきれい。そしてロロ・ピアーナの光沢はヌメ感があるのよね。ドーメルなんかはヌメ感はなくてギラついてる。

ここでこの私物紹介シリーズの第一回で紹介したワイのドーメルと比べてみよう。(ゴリラ先生の私物紹介『ドーメル アマデウス365』#1)

せや。一緒やねん。
生地が違うだけや。

5パターン買うより同じもん5個買うタイプのB型です。スーツはもう黒無地とチャコールグレーの無地が10割です。なんか結局ここに落ち着いちゃった。10代のころは白スーツとかヒョウ柄とかタキシード普段着たりした時期もあったなー。

いわゆる世界三大生地ブランド
・ゼニア
・ロロピアーナ
・ドーメル
この3つはとりあえず知っておきたかった。それぞれの代表銘柄、ゼニアの『トロフェオ』、ロロ・ピアーナの『タスマニアン』、ドーメルの『アマデウス』。

車でいうとメルセデスのSクラス、BMWの7シリーズ、アウディのA8みたいな感じでしょうか。

いずれゼニアの私物紹介もします!


この2つのチャコールグレーの無地、個人的にはドーメルのアマデウス365の方が好き。ロロ・ピアーナのタスマニアンは結構繊細、デリケート。ドーメルは本当にタフ。しかもあの光沢、高級感なのに。

ビジネスとかでええスーツ着たい殿方はドーメルのアマデウス本当にええで。ロロ・ピアーナのタスマニアンはここぞの1着とかの方がいいかも。結構消耗激しいです。

お客様でも色々やりつくした方はチャコールグレーの無地に到達される方が多い気がするなー。

まぁ、ゴリラ先生っていうぐらいやからゴリラっぽい色着なあかんよね。

※2020年9月3日投稿