最終更新日2021年6月13日

俳優のスーツ姿がかっこいいなと思ったことはありませんか?自分が着ているスーツと何が違うのだろうと。

スーツをかっこよく着こなして活躍している俳優は国内外に数多くいます。役どころやシチュエーションに合わせて着こなしが考えられているので、参考にすることができるでしょう。特に深く考えず、丸々真似することも一つの手です。

スーツと言えばイギリスやイタリアを連想する人が大半です。今回はそのうちのイギリスを代表する名俳優『コリン・ファース』のスーツスタイルを紹介していきます。

近年では映画『キングスマン』で特にスーツスタイルが注目されました。モダンで洗練されたスーツスタイルには憧れざるを得ません。

それほど人を惹きつけたキングスマンのスーツスタイルもコリン・ファースが数多く着こなしてきたスーツスタイルの一つでしかありません。

コリン・ファースのスーツスタイルを紐解き、イギリス的なかっこいいスーツスタイルをするためにはどうすればいいか解説していきます。

出演作品別!コリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説

キングスマン-ハリー・ハート-

スパイ・アクションというジャンルでスーツスタイルが脚光を浴びたキングスマン。『007』のようにイギリスが舞台の映画、特にスパイものにはかっこいいスーツがなくてはならないのでしょう。

kingsman harry shape suits - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:Kingsman:TheSecret Service photo Gallery iMDb

このダブルのスーツです。これでもかと思えるほど英国的な要素を強調しています。グレーのストライプにワイドスプレッドカラーのホワイトシャツ、黒のストレートチップを履き、手には細く巻き付けられた傘。

キングスマンのスーツを徹底解説

詳細は別で記していますが、ビルドアップショルダーや絞り込まれたウエストなど構築的でイギリス的な着こなしです。

ダブルのスーツと聞くと1980年〜1990年代の少しゆったりとしたスーツをイメージし、抵抗がある方が多いかもしれませんが、キングスマンのようなバランスであれば取り入れやすいです。

イギリス的なスーツを着たい、ダブルのスーツを着てみたいという方におすすめの着こなしです。

英国王のスピーチ-ジョージ6世-

舞台は1920年代、1930年代のイギリスです。なんとなく暗い空気感のある中で重厚感あるスーツの着こなしが見れます。

speach - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:Britannica

キングスマンと同様にダブルのスーツを着用していますが、役柄もあって異なる印象を受けます。王族ですが、スーツはシンプルでどちらかというと地味な感じです。

キングスマンと異なる点でイギリス的だと感じさせるのが、レギュラーカラーのシャツとドット柄のネクタイです。特にストライプ(レジメンタル)のネクタイを締めていたキングスマンとの違いが際立ちます。

この違いはストライプが連隊の所属を表すからです。厳密に気にする必要はありませんがどこかで知識を披露する機会があればぜひ。

襟の開きが狭いレギュラーカラーにネクタイの結び目がコンパクトになるようにきつく締めています。きつく締めるだけあって隙のないイギリス的な着こなしをすることができます。

最近はワイドカラーのシャツが人気ですが、レギュラーカラーにネクタイをきつく締めるスタイリングはいかがでしょうか。スーツを揃えるより低コストで始めることができます。

speach coat - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:IMDb
>

コートスタイルも注目すべきです。色は明るめのものを着ていますが、ダブルブレストで重厚感あるコートです。

このスタイルで最もハードルを高く感じるのはハットではないでしょうか。普段被らないとなると余計に抵抗を覚えることでしょう。

取りいれやすいのは革の手袋(レザーグローブ)やマフラーです。手袋、マフラーそれぞれダークトーンで素材に拘ったものを使うとより良いでしょう。

色や巻き方で特徴を出す必要はありません。必要だから手につける、防寒のために巻く、動きの邪魔にならないようにしっかりとコート中に差し込む、たったそれだけです。

シングルマン

綿密に作り込まれた世界観に引き込んでくる映画です。

この作品はデザイナーのトム・フォードが監督をした作品です。衣装はもちろんのこと、あらゆる部分にトム・フォードのこだわりが詰め込まれており一種の高貴さをも感じさせます。

a single men collin firth - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:IMDb

細いラペルにナロータイと、これまでに紹介した重厚感あるスタイルとは異なりかなりスッキリとした印象の着こなしです。それでもどこかにイギリス的な雰囲気を感じさせるのが面白いです。

ラペルを細くしているのに合わせて腰ポケットのフラップも細くするなど細部にまでこだわりの感じる一着です。それでもしっかりと作られた肩周り、閉じたフロントカット、タブカラーシャツに胸にはTVフォールドで白のチーフを、派手な装いではなく基本に忠実にきっちりと着ています。

キングスマン、英国王のスピーチで紹介したような重厚感あるスーツとは異なり、美を追求し、ストイックに追求したことによって生まれる色気を感じさせます。

裏切りのサーカス

検索しようとすると「裏切りのサーカス 解説」と表示されることでお馴染み(?)の裏切りのサーカスです。

時代は東西冷戦時代、例によってイギリスのスパイものです。派手なアクションはありませんが(スパイであれば当然?)この作品もスーツが面白いです。

uragiri - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:映画.com

少しブラウンがかったような無地のスーツです。生地は起毛感のあるものですが、シングルブレストでスッキリとした印象になります。

ネクタイで遊びを入れているのがこの着こなしから学びたい部分です。シンプルなスーツとシャツに合わせるのでよりネクタイが際立ちます。ネクタイ単体で見ると派手すぎるように感じますがVゾーンはスーツとシャツ、ネクタイで構成されるので無地のものと合わせると意外と落ち着くものです。

uragirishree - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:BBC.com

スリーピーススーツという代わり映えしないかと思いきや、ベストに衿がついています。ボタン位置が高いベストということもあり、Vゾーンが狭くなっています。前述しました派手なネクタイも見える面積が小さくなるため、より使いやすく、カチッとした雰囲気になるのでより遊びのあるネクタイもしくはシャツを使った着こなしがおすすめです。

シャツの袖口はダブルカフスであったり衿付きのスリーピーススーツであったりとかなりフォーマル要素が強いですが、生地使いやシルエットで固すぎない印象になっています。

ダークトーンの紺やグレー、黒以外の色でスーツを着たいけどカジュアルになりすぎるのも困る、スリーピーススーツを着たいけどフォーマルになりすぎるのは困る、といった方の参考になる着こなしです。

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズシリーズでコリン・ファースが演じるているのは、法廷弁護士であるマーク・ダーシー。弁護士らしく?やや気取った雰囲気を醸し出す着こなしです。

burijito - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:The Lrm Interview

とてもシンプルなダークネイビーのスーツにソリッド(無地)のネクタイです。胸にはTVフォールド挿した白のポケットチーフ。シャツは白もしくは薄いブルーの無地のシャツを合わせています。

これ以上ないだろうと言える基本に忠実であり、シンプルな着こなしです。スーツを日常的に着る人にはここぞという場面でこのような着こなしをできるようにしたいものです。

しかし、注意点としてはあまりにも遊びがないことです。シンプルであるが故に威厳を出すことができますが、やや硬い印象です。

このスタイリングを基準に少しカジュアルな要素を少し足すのがおすすめです。スーツの色を明るくする、ネクタイに柄を入れる、シャツをストライプのものにするなど。これらのアイテムを一点取り入れるだけで硬すぎないスーツスタイルにすることができます。

硬すぎるスーツスタイルから少し隙をつくるのです。マークは冒頭トナカイのセーターで登場しているため、ギャップがありスーツスタイルが際立ちます。

colin firth sweater - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:Pinterest

高慢と偏見

18世紀末から19世紀初頭が舞台の小説が原作のドラマです。時代をとても感じさせる衣装がとても楽しい作品です。

コリン・ファースが演じるのは資産家のマーク・ダーシー。先程解説したブリジット・ジョーンズでコリン・ファースが演じたのもマーク・ダーシーです。これはブリジット・ジョーンズの原作者が高慢と偏見でマーク・ダーシーを演じるコリン・ファースをイメージしてブリジット・ジョーンズに登場させたからだそうです。

衣装については現代ですると間違いなくコスプレになるなので、深くは言及しませんが隙のない洗練された着こなしです。少しも着崩されておらず、時代的な背景を感じさせます。

コリン・ファースのみならず、他の男性の登場人物も同様にしっかりとした着こなしをしていますが、マーク・ダーシーが際立って隙のなさを感じさせるのはその姿勢の良さや言葉遣い、自分が立派な人間であるという自信からです。

すべてをそのままに取り入れるとやりすぎですが、姿勢や言葉遣いを意識するとスーツを着るだけでは出すことができないスタイルを作ることができます。

colin firth pride and prejudice - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:The Mirror

役どころによるスーツの違い

コリン・ファースのスーツスタイルを映画やドラマ別に解説しました。スーツを着用しているものに限定しているため役柄は似たものではありますが、その中でも個性が分かれています。

紳士のための装いであるスーツですが、生地の色や素材感、ネクタイの色や柄、シングルブレストもしくはダブルブレストかといったデザインで印象を変えることができます。

モダンでありながらも、英国的なスーツスタイルを目指すのであれば、キングスマンのようにやや細身でありながらも絞り込まれたウエストやビルドアップショルダーを。

より威厳を出したいのあれば、ダークカラーで重厚感ある生地を使い、ダブルブレストのスーツを。ネクタイはドット柄などのクラシカルなものを締めましょう。

ミニマルでシンプルな着こなしをするのであればシングルマンのようにスッキリとした細身のスーツを。ビルドアップショルダーといったディティールを取り入れる必要はありませんが、体に合わせて誂えられたこだわりの一着で。

シンプルで洗練されたスーツスタイルをつくりたいのであれば、ダークカラーのスーツにソリッドのネクタイ、白や薄いブルーのシャツで基本に忠実で遊びのない着こなしを。

コリン・ファース自身が愛用するスーツ

映画やドラマでかっこいいスーツスタイルを披露しているコリン・ファースですが、彼自身の愛用しているスーツはどういったものでしょうか。

コリン・ファースの愛用スーツとして知られているのがトム・フォードのスーツ。映画シングルマンで監督を務めたトム・フォードのブランドです。

シングルマンでは細いラペルなどミニマルな雰囲気が特徴的でしたが、ワイドラペルが特徴的な”WINDSOR”(ウィンザー)というモデルを愛用しています。

colin firth suits tomford - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説
画像引用元:Twitter

セレブも愛用するトム・フォードの”WINDSOR”についてはこちら

このスーツを身にまとうことで、コリン・ファースという人物の魅力をより引き出しています。

コリン・ファースに習ってかっこいいスーツスタイルを

コリン・ファースという一人の俳優に注目してスーツスタイルを紐解いてきました。役柄や彼の出身国が英国であることからカチッとした着こなしであることが多く見られます。

ハリー・ハートやジョージ6世、マーク・ダーシーなどコリン・ファースが演じた人物を真似てスーツスタイルを作るのはいかがでしょうか。その際にはぜひ私にご相談ください。

オーダースーツ専門店
SARTO KLEIS
高橋

当店のコロナ対策

covid 19 countermeasures 789x577 - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説

サルトクレイスでは全店でコロナ対策に取り組んでいます。
アルコール除菌を店頭にてご用意しておりますので、ご来店の際は気兼ねなくお使いくださいませ。
※スタッフはマスク着用しています。

サルトクレイス谷町本店

オーダースーツサロン
SARTO KLEIS(サルトクレイス)谷町本店
営業時間 火曜日 - 日曜日 11:00~20:00
定休日:月曜日
大阪府大阪市中央区糸屋町1-2-3
TEL:06-4790-5551

ja - 映画でのコリン・ファースのスーツスタイルを徹底解説

谷町店詳細

ネット予約する >

電話予約する >