今月の開催中キャンペーン情報

シャンブレー生地の特徴・メリットやデメリットは?デニムやダンガリーとの違いを解説!

blank

織り目が織り成す独自の風合い、通気性が良いシャンブレー生地。

この記事では、そんなシャンブレー生地の基本的な特徴からメリット・デメリット、そしてデニムやダンガリーとの微妙な違いについて詳しく解説していきます。

また、選び方のポイントから日常のお手入れ、洗濯方法、生地を長持ちさせるコツまで、シャンブレー生地アイテムがより長く美しく保つための秘訣をお教えします。

シャンブレー生地への理解をさらに深め、その洗練された着こなしを自分のものにしましょう。

目次

シャンブレー生地の基本的な特徴

シャンブレーとは、「タテ糸に色糸・ヨコ糸に白糸(もしくはタテ糸とは別の色糸)」を使った平織り生地のことをいいます。

シャンブレーの歴史は古く、フランス北部にある「カンブレー」という町から発祥したといわれています。

そして、町の名前がそのまま生地の語源になっています。

カンブレーでは、おもに聖職者の衣類などに使われていたシャンブレーですが、20世紀初めにアメリカのミリタリー・ワークウェアとして使われ始めたことをきっかけに、世界中へ広がっていきました。

素材はコットンが使われることが多く、他にもリネンを使ったリネンシャンブレーや、コットン×リネンの混紡生地もあります。

また、シャンブレーといえばブルーの生地が定番ですが、タテ糸の色は何色でも良いので、現在ではさまざまな色糸を使ったシャンブレーが作られています。

シャンブレー生地のメリット

シャンブレーの特徴といえば、なんといっても霜降り状のムラです。

染物には生地を織ってから染める「後染め」と、染めた糸を使って織りあげる「先染め」がありますが、シャンブレーは、染めた糸と染めていない糸を組み合わせた「先染め」生地の一種です。

そのため、生地面に奥行きのある風合いがあるのがシャンブレーの大きな魅力です。

軽くて通気性が良い

シャンブレーは、平織り生地なので、薄手で軽いのが特徴です。

また、薄地の割には丈夫で通気性にも優れているため、春夏の衣料品にとても重宝します。

柔らかさと肌触りの良さ


シャンブレーは、色糸と白糸を使って織られているので、光の当たり方によって見え方が変わる「玉虫色」のような光沢感があります。

そのため、デニムにはない適度な上品さがあり、セミフォーマルなコーディネートにも使うことができます。

シャンブレー生地のデメリット

色落ち・色移りしやすい糸もある(インディゴ糸など)ので購買の際は店主に質問しましょう。

素材に合わせたお手入れ・保管は必須となります。

シワができやすい

コットン素材であることが前提ですので多少の横皺は入りますので、あくまでもアイロンプレスと風合いを楽しんでください。

デニムやダンガリーとの違い


デニムシャツは経糸にインディゴ染料で先染めした糸を用い、緯糸に白の糸を用いた厚手の綾織り生地であるのに対し、ダンガリーは経糸に白糸を、緯糸に先染めの糸を使用した綾織り生地を指します。

デニムと比べて淡い色合いのものが多く、シャツなどに適した薄手のものが多いのもダンガリーの特徴です。

また、最近ではシャンブレーよりも太めの番手の糸を使用したインディゴ染めの平織り生地や薄手のデニム生地のこともダンガリーと呼ぶようになりました。

デニムの特徴

デニムとは、インディゴ染料で染めたタテ糸と、染色をしていない白い糸のヨコ糸を使用した肉厚の綾織り生地のことをいいます。

もともとデニム生地は天然インディゴ(藍)を使用して染色されていましたが、1900年代に安価で扱いやすい合成インディゴが開発され、今では合成インディゴで染色したデニム生地が一般的です。

デニム生地の厚さはオンス(OZ)という「重さ」で区分されており、オンス数が大きいほど生地が厚くなっていきます。

一般的に10オンス以下の生地は「ライトオンス」、15オンス以上の生地は「ヘビーオンス」と呼ばれています。

もともとフランスで誕生したデニム生地は、今現在、アメリカ・中国・イタリア・日本を中心に世界各国で生産されています。

日本では岡山県倉敷市の児島エリアで作られるデニム生地が有名で、国内だけではなく世界中のデニム愛好家から高い評価を受けています。

ダンガリーの特徴

独特な奥行きのある色ムラ 淡色や濃色のインディゴカラーの色ムラにより、カジュアルな雰囲気に仕上がります。

薄手で軽く肌触りが良い ダンガリーは薄手で軽く、着心地の良さが特徴です。

優れた耐久性とイージーケア 綾織り生地の一種であるダンガリーは主にワークウェアに使われている生地です。

シャンブレー生地の選び方とお手入れ方法

もちろん手洗いが一番ですが、綿やポリエステル素材であれば洗濯機を使っても大丈夫です。

その際も優しさは忘れずに。

ネットに入れて、できれば手洗いモードで洗いましょう。

また、青系のものは染料としてインディゴが使われている場合が多いです。

インディゴは色落ちしやすいので、他の洗濯物に色移りしないよう気を付けてください。

まとめ

薄地で軽いシャンブレー生地は春夏アイテムにぴったり。

カジュアルからセミフォーマルといった幅広いシーンで使えるので1つあると本当に重宝します。

扱いやすく長く愛用できるのも大きな魅力です。

また、この軽さ・丈夫さ・通気性の良さなどを活かして、衣服以外に小物入れなどに使われます。

素材を知ること、モノの違いを知ることで、ファッションやモノ選びも変わります。

生地の特性もふまえながら、自分にぴったりなものを選んでください。

  • URLをコピーしました!
目次