【先行受注会】ゼニア生地のスーツが59,000円〜フェアはこちら

ラ・ラ・ランドのライアン・ゴズリングのファッション・着用スーツのブランドや着こなし説を解説

blank

2016年に公開され世界中で爆発的人気を博した「ラ・ラ・ランド」。

「ラ・ラ・ランド」でセバスチャン(セブ)役を演じたライアン・ゴズリングのファッションが気になった方も多いのではないでしょうか。

今回は「ラ・ラ・ランド」に出演したライアン・ゴズリングのスーツスタイルを解説していきます。

90s ban ver1 - ラ・ラ・ランドのライアン・ゴズリングのファッション・着用スーツのブランドや着こなし説を解説
目次

ラ・ラ・ランドのライアン・ゴズリングが着用しているスーツのブランドはこちら!

ジャズミュージシャンのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)が劇中で着こなすレトロなファションは、70年代をテーマに衣装を選んでいることがわかりました。

また主人公のライアン・ゴズリングはプライベートも70年代をモチーフとしたデザイナーズブランドスーツを好みます。

主に「グッチ」「トム・フォード」「トッド・スナイダー」を舞台挨拶では着用しておりました。

カナダ出身らしいチョイスかと思います。

グッチ

イタリアのラグジュアリーブランド

創設者のグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)は1881年、イタリアの、フィレンツェに生まれる。

1921年、フィレンツェにレザーグッズ専門のファクトリーとショップをオープン。

世界的なハイモードブランド。

ライアン・ゴズリングのスーツの着こなしをプロが解説!

基本的には体型が顕著にシルエットとして現れるドレススタイルが特徴です。

ヨーロッパの服飾文化とは違いスポーティーであり都会的であることがまず一番に現れております。

70年代テイストなスタイル

作中の衣装は時代背景からすると英国の70年代にフォーカスされたファッションが連想されます。

ショートポイントの衿にナロータイといった現代では世界的なデザイナーズブランドが模範としているディテールです。

正しくは70年代英国ファッションを都会的なロサンゼルス在住民が着こなしている、といったニュアンスが近いかと思います。

スリーピース×ニットタイスタイル

スリーピーススーツにニットタイはスーツ好きな方なら何度か挑戦したことがあるかと思います。

70年代から80年代でしょうか、音楽や映画といったカルチャーが洋服と密接していた時代の着こなしです。

個人的には人前に出る著名人や演奏者でない限りなかなか難かしい着こなしかと思います。

たまに色ボタンのBDシャツでこのような合わせ方をされている人も見かけますが、気をつけたほうが良いです。

もう令和です。

グレンチェックジャケットスタイル

とてもよくお似合いです。

英国、カントリー、モード、から切り離せないのがこのグレンチェック柄です。

またライアン・ゴズリングは単色使いが多く自身の肌色や身長も加味した上でコーディネートを組んでおります。

チョークストライプスーツスタイル

伝統的なスーツの柄といえば、やはりチョークストライプ。

ウォール街で成功した銀行家(banker)やエリート金融関係者が好んで着ていたことから、「バンカー・ストライプ」とも呼ばれるドレス業界では定番の柄。

パターンもデザイナーズらしいシルエットをチョイスしておりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

比較的に定番柄ですがシルエットがモードスタイルでのアップデートが多いですね。

blank
  • URLをコピーしました!
目次