ゼニア生地のスーツが59,000円〜詳細はこちら

短足でスーツが似合わない人はオーダースーツ一択な3つの理由!

blank

あなたがこの記事を開いたということは「足が短くてスーツ似合わない…」と悩んでいることでしょう。

短足でスーツがあまり似合わないとコンプレックスを抱いている人も多いのではないでしょうか。

少しでも足を長く見せたい、スーツをかっこよく着こなしたい、という方に必見!

この記事では、短足でもかっこよくスーツを着こなせる方法をご紹介します。

結論

・スーツのジャケットやパンツの選び方を間違えなければ短足でもかっこよく着こなせる!

90s ban ver1 - 短足でスーツが似合わない人はオーダースーツ一択な3つの理由!
目次

短足でスーツが似合わない人はオーダースーツ一択な3つの理由!

日本人の体型はヨーロッパ人に比べると胴が長く足が短い傾向にあります。

昔は日本人の平均身長は、成人男性でも150センチ程度と言われておりました。

この理由は明らかで、当時の人たちはお米と野菜しか食べていなかったのでタンパク質とカルシウムが不足して成長しなかったのです。

食文化もかわりつつある現代の日本人ですが、短足でスーツがあまり似合わないとコンプレックスを抱いている社会人も実際に多いかと思います。(私もそうです。)

本日はそんなお悩みを一気に解消するためには何故オーダースーツが良いのかポイントを3つに絞りご説明していきます。

股上の深さを調整でき食い込みを抑えられる

街中でよくみかけるスーツパンツを履いたビジネスマンで「不正解な股上」の方は結構見受けられます。

人間は年齢が上がるにつれて背中やお尻に筋肉のたるみが密集しだんだん重力に逆らえなくなります。

そうなると40代や50代のビジネスマンの方は既製品パンツの股上の食い込みが一層激しくなります。

正しくは後ろ股上のパターンに対して筋肉が下がっている事が原因です。

オーダースーツではウエストの実寸に対して適正な股上を算出し型紙に落とし込むカッターと呼ばれる採寸士が駐在しておりますので、年齢によって生じるパンツ股上の歪や、デザイン性に特化して生じる股上の食い込みを綺麗に再現することが可能になります。

足をすらっと見せるスーツを考えてくれる

よく巷でみかける「美脚パンツ」「S字ラインパンツ」とよばれる既製品も波及し、一度は購買に至った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

生地と型紙の数値を緻密に算出したこういった工業製品は確かに仕上がりもよく低コストで販売可能な時代になっております。

しかしよく考えてみてください。

製作側はあなたの実際のヌード寸を計測したことも無ければ、お会いしたこともありません。

あくまで大多数の平均体型から数値に落とし込んだパンツと言えます。

スミズーラ以上のお仕立ての種類では左右のふとももや膝廻り、骨格の違いを汲み取りパンツの前巾と後ろ巾も調整します。

O脚の方は内側と外側で股下を変更し、お客様の下半身をどうすればエレガントに見えるかを試行錯誤して製作します。

オーダースーツは自分の身体にあったサイズのスーツが作れる

2020.9.25 4 500x333 - 短足でスーツが似合わない人はオーダースーツ一択な3つの理由!

ご自身の身体に合ったサイズのスーツというのはとても心地が良く、仕事に対する熱量もかわってきます。

また周囲からも一目置かれる存在になり、信頼や信用を勝ち取るツールでもあります。

スーツの歴史が未成熟な日本ではオーダースーツの認識が浅く、何がどこまで出来るのがオーダーなのか理解に苦しむ方も多くいらっしゃいます。

サイズだけの悩みなら「パターンオーダー」で十分対応できます。

体型の修正やデザインの自由な要求が強ければ「イージーオーダー」。

ハンドソーンに拘り縫いも柔らかな至高の1着であればもちろん「フルオーダー」が推奨できます。

ご自身でよく検討され身体にあったスーツをお選びください。

短足でも足が長く見えるスーツの選び方のポイントを紹介!

ここではスーツを綺麗に構築する上では欠かせない足がより長く見えるポイントを可能な限りかみ砕いててご紹介します。

パンツの選び方

パンツの選び方において最も重要なことがセンタークリース(折り目)が直線的であることです。

男性だけではなく女性の履き方にも同じことが言えます。

また後ろから見た際にもはっきりと折り目が形状できているパンツはスーツが綺麗で足も長く見えます。

実寸からゆとりが少ない数値のパンツはポケット脇や膝裏に何本も皺が入り、足の短さを強調している状態と言えます。

20代前半のファッションで着るようなスーツパンツやシルエットを重視した極端なモードパンツ以外であれば、体型をカバーした選び方が良いかと思います。

ジャケットの選び方

基本的に「足が長く見えるスーツをお願いします」という課題に対してはカッターさんからすると何一つ難しい問題ではありません。

理由は縦軸の視覚的な悩みだけだからです。

ご身長に合わせたウエスト位置と釦位置、最後に着丈を調整すれば足を十分に長く見せることができます。

ジャケットの後丈がお尻の50%を越えるような短丈はよほどの高身長なモデル体型でなければ雰囲気が出ないのでご注意ください。

おへその位置を基準にそこから何センチあげればご自身が清く正しい釦位置のジャケットになるのか、話し合いを重ねてご検討ください。

まとめ

スーツの選び方を間違えなければ、少しでも足を長く見せることはできます。

ご自身の身長や体型に合ったスーツが作れるのがオーダースーツ。

SARTO KLEISでは、短足でも似合うスーツを仕立てることができます。

ぜひお気軽にご相談ください。

blank
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
戻る
目次
閉じる