最終更新日:2021年4月14日

徐々に暖かくなり、夏もあと少しで到来しますね。

夏が到来し一番スーツを着用される方が毛嫌いされるのが「暑さ」しかないと思います。

そこで今回は日本の耐え難い暑さも乗り越えられるスーツ生地「モヘア」を紹介します!

「モヘア」とは何の素材?

「モヘア」とは結論ヤギの毛です。

ヤギと言ってもよく動物園で見るヤギではありません。

アンゴラヤギと呼ばれるアンゴラ地方に生息するヤギの毛を紡ぐ事で「モヘア」素材となります。

産地は主に南アフリカですが、数年前にアンゴラヤギに対する虐待報道があり、生産数は減少傾向です。

その為モヘア素材は希少素材となりつつあり、価格も高騰傾向です。

angora goat 191775 340 - 【灼熱】日本の夏はモヘア素材のスーツ一択

モヘア素材の特徴

モヘアの原毛の説明は上記で行いましたが、ここからモヘア生地の特徴について説明していきます。

今回の主題は夏を乗り越えられるスーツ生地にはなりますが、夏生地って何を思い浮かべますか?

  • サマーウール
  • シアサッカー
  • リネン(麻)
  • 冷感のある化学繊維 etc…

様々な素材がありますが、個人的にはモヘアがビジネスでは最強です。

読み終える頃にはモヘア信者になっている事でしょう。

【獣毛内で最も堅牢】圧倒的耐久度

数ある獣毛の中でもモヘアは最も堅牢な素材です。

別名「ダイヤモンドファイバー」と呼ばれるモヘアは単純強度がスチールより高いです。

しかしながら硬すぎる故クリースラインなどの折り目の部分が割れてしまう可能性もあります。

その為ウール素材との混合をし、バランスを保っています。

【唯一無二の風合い】ギラつく光沢感

モヘアの毛の構造として滑らかなキューティクル(毛の表面)が特徴です。

キューティクルが滑らかということはその分光を反射するので必然と光沢が強くなります。

その為ビジネスシーンだけでなく、パーティシーンなどでも使用出来る素材です。

【ベタつく夏も爽快】通気性最高峰

日本の夏は湿気も高くベタ付き蒸れる為余計暑さを感じやすい気候です。

ウール素材も放熱性が高いことでサマーウール等が有名ですが、モヘアは更に上の放熱、放湿性がある為夏も快適に過ごすことが出来ます。

理由としてはウールのように糸自体に縮れがあまり無い為、熱が籠ることが少なく熱を外に逃がしやすい状態だからです。

更にモヘア独特のシャリ感のある素材感は触れてもベタつく感覚が少なく、正に夏向けの素材と言えるでしょう。

因みに前述の通り、夏素材の代表格として「リネン(麻)」もよく聞きます。

リネンも天然素材内トップランクの耐久度、通気性を誇ります。しかしながら、素材の特性上深いシワが付きカジュアルな印象が出るのでビジネスウェアとしては個人的にはオススメできません。

モヘアで作るならこの生地

モヘア素材は上記でも記載したように市場での出回りがあまりありません。

その為基本的にオーダーでの取り扱いが殆どになる為、その際にお勧めする生地です。

【DORMEUIL】トニック

image0 5 3 497x500 - 【灼熱】日本の夏はモヘア素材のスーツ一択

イギリスの名門生地ブランドであり、世界で初めてモヘアの生地を作ったドーメル社の名作が「トニック」です。

トニック自体も現在では種類も増え、ウールとモヘアの配分を変えた物も多く出ているので、実際に触って頂きお好きな配分を見て貰えればと思います。

【William Halstead】

image1 49 497x500 - 【灼熱】日本の夏はモヘア素材のスーツ一択

英国の名門ウィリアム・ハルステッドで提供するモヘアシリーズはコストパフォーマンスに優れたシリーズです。

打ち込みもしっかりしておりモヘアの素材感を存分に扱えるウィリアム・ハルステッドの生地はモヘアの入門生地としてオススメします。

モヘアの配分も3つのパターンから選ぶことができ、中にはモヘアの中も希少素材とされる「キッドモヘア」を使用した生地もあります。

【Holland&Sherry】クラシックモヘア

image8 12 497x500 - 【灼熱】日本の夏はモヘア素材のスーツ一択

英国最高峰の呼び声高いホーランド&シェリー社の提供するクラシックモヘアシリーズは、紳士服の聖地イギリスのサヴィルロウのテーラーも扱う名門生地です。

中でもクラシックモヘアのシリーズはモヘアとウールの黄金比を計算して織られ、モヘア独特のシャリ感とウールならではの滑らかさを感じられます。

実際にモヘア素材で作成した私のスーツ

上記でモヘアについて色々と説明してきましたが、ここで私の作成したモヘアのスーツをご紹介します。

image0 4 6 497x500 - 【灼熱】日本の夏はモヘア素材のスーツ一択

日本のアパレル産業の名門でもある「大同毛織」から提供されている「ダイドートロフィー・million tex」のウール&キッドモヘアの生地です。

色味はイタリアでヴィナーチョと呼ばれる葡萄の様な淡い紫の様な色味です。

デザインも色味に伴い、イタリア南部ナポリ地方の仕立てに近付けています。

国産生地はイタリア生地に比べランクが劣ると言われていますが、発色の良さもイタリア生地に負けず劣らずの生地になっています。

お目にかかる機会も少ないモヘアの生地ですが、是非一度モヘアの魅力に触れてみたいと少しでも思って頂ければ幸いです。

サルトクレイスでは上記にオススメしている以外のモヘア生地もご用意しております。

是非一度当店にてモヘアの生地を触ってみて下さい。

オーダースーツ専門店 サルトクレイス
多田羅

当店のコロナ対策

covid 19 countermeasures 789x577 - 【灼熱】日本の夏はモヘア素材のスーツ一択

サルトクレイスでは全店でコロナ対策に取り組んでいます。
アルコール除菌を店頭にてご用意しておりますので、ご来店の際は気兼ねなくお使いくださいませ。
※スタッフはマスク着用しています。

サルトクレイス NU茶屋町店

〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町10番12号3F
営業時間 月曜日ー日曜日 11:00〜21:00
※定休日はNU茶屋町に準じます
TEL:070-1484-2626

ja - 【灼熱】日本の夏はモヘア素材のスーツ一択

NU茶屋町店詳細

ネット予約する >

電話予約する >