いつもブログのご閲覧頂きありがとうございます。

大阪、京都のオーダースーツサルトクレイスです。

今回は気にしてほしいけども気にしてる人が少ない「センタークリース(センタープレス)」のお話です。

センタークリースとは?

とりあえずここから話を始めましょう。

センタークリースとは簡単に言うとスラックスの折り目のことです。

新品のスーツやスラックスを買った時に畳まれていると思うんですけどその折り目がクリースと呼ばれます。

写真で見せるとこちらです。

image0 2 11 589x789 - スラックスのセンタークリース、死守できてますか?

これが新品のときはしっかり付いているんですが、着ているうちにこれが薄くなっていきます。

センタークリースが取れるとダメ?

これ別にダメではないんですけど、単純にだらしなく見えたりピシッと感が無くなります。

カジュアルパンツ(デニム等)を見てもらえばわかるんですけどクリース入ってないんですよね。

これはカジュアルアイテムだからこそそういう仕様なわけです。

因みに現代に流通しているパンツはスラックスから始まっていると思って下さい。

デニムにしろ、チノにしろスラックスでは対応できかねる場があった為素材やシルエットを改良したわけです。

まぁ結論クリースがフォーマル感やドレスアップの手助けをしているとも言えます。

センタークリースがもたらす効果

さっきまでの話だとドレス感なくなるだけなら良くね?みたいなことになりそうなのでクリースがあることによるメリットをお伝えします。

  • 脚が長くスタイルよく見える
  • 清潔感や真面目さが現れる
  • 横や後ろから見たときのシルエットも綺麗で洗練されている

こんな感じです。

つまりはスタイルが良く見えるということですね。

image0 3 10 - スラックスのセンタークリース、死守できてますか?

センタークリースを維持するには?

結局の所クリースはいるけども既に取れている場合はどうするべきなのかお伝えして今回は終わりになります。

方法① クリーニングに出す

方法としてまずクリーニングに出すことでクリースを付けてもらえます。

しかし生地に対して痛みを与える為あまりオススメはしません。

方法② アイロンでクリースを付け直す

これが一般的な方法になるかと思います。

やり方等はGoogleで検索してみて下さい。

動画などでも解説している方おられると思います。

方法③ シロセット加工をする

これはどちらかと言うと最初にしておくと楽な加工です。

クリースラインの裏に糊付けを行いクリースを取れにくくする加工です。

しかし素材によっては付けれないものもあるので要注意です。

如何だったでしょうか?

是非クリースラインしっかり付けて脚長効果見せていきましょう。

SARTO KLEIS NU茶屋町店
多田羅

当店のコロナ対策

1585903717283 789x591 - スラックスのセンタークリース、死守できてますか?

サルトクレイスでは全店でコロナ対策に取り組んでいます。
アルコール除菌を店頭にてご用意していますのでご来店の際はお気兼ねなくお使いくださいませ。
※スタッフはマスク着用しています。

サルトクレイス NU茶屋町店

〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町10番12号3F
営業時間 月曜日ー日曜日 11:00〜21:00
※定休日はNU茶屋町に準じます
TEL:070-1484-2626

ja - スラックスのセンタークリース、死守できてますか?

NU茶屋町店詳細

ネット予約する >

電話予約する >