ゼニア生地のスーツが59,000円〜詳細はこちら

ネクタイをプレゼントする意味や年代別の選び方のポイントをプロが解説!

blank

彼氏や、旦那さん、友人などに送るプレゼントとして定番である「ネクタイ」

実は、ネクタイをプレゼントする意味は様々な意味があり、どのような意味合いがあるのか知らないと、

マイナスイメージに働いてしまう場合もあることを知っていますか?

ネクタイのプレゼントで失敗しないためにも、今回はネクタイをプレゼントする意味や年代別の選び方のポイントなどを紹介していきます。

90s ban ver1 - ネクタイをプレゼントする意味や年代別の選び方のポイントをプロが解説!
目次

ネクタイをプレゼントする意味と注意点

ネクタイのプレゼントに隠された意味を渡す相手別に説明していきます。

恋人や気になる相手にプレゼントする意味

女性が恋人やパートナー、気になる相手の方にネクタイをプレゼントする意味は、「あなたに夢中」「あなたに首ったけ」「束縛させて」などと愛情表現を含んだ意味になります。

相思相愛の方は問題ないと思いますが、片思いの場合メッセージ性が強いため重く受け取られてしまうかもしれません。

関係性を発展させたいと覚悟した上でプレゼントするならよいと思います。

ちなみに、ネクタイの起源は400年前のクロアチア軍が首元に巻いていた「クラヴァット」と呼ばれるネックバンドから来ているので、現代になるにつれ首元に巻くイメージからそういった他の意味合いも連想されるようになったのだと考えられます。

友人にプレゼントする意味

友人にネクタイをプレゼントすることは特別な意味や好意を伝えることになります。

お互いのことをよく理解している関係なら後々問題に発展することも少ないですが、関係性が構築できていないと誤解されることもあるので注意しましょう。

上司や先輩にプレゼントする意味

上司や先輩にネクタイをプレゼントする場合も、パートナーや友人にプレゼントするケースと同様に、特別な意味をもつ行為だと思われてしまいます。

特に年下の女性が年上の男性にプレゼントする場合は、特別な好意がなくても注意するようにしましょう。

ネクタイの年代別の選び方とポイントをプロが解説

20代の方に贈る場合の注意点

20代の男性にプレゼントするネクタイには、相手の性格に合う要素に加え、少しフレッシュさを取り入れたネクタイを選ぶとよいでしょう。

また、相手の方の職場環境も選ぶときの大切な基準になります。

例えば営業職など外に出るような方には明るいボルドーやネイビー、オレンジを選ぶなど、身につけるシーンを想像して選んでいくと大切に使ってもらえると思います。

ブランドで選ぶなら、バーバリーやラルフローレン、ポールスミス、カルバン・クライン、ヴィヴィアンウエストウッド、タケオキクチ、ブリューワーなどがおすすめです。

30代の方に贈る場合の注意点

0391cb44492cc6553b016ed2dd06dcf 592x789 - ネクタイをプレゼントする意味や年代別の選び方のポイントをプロが解説!

30代の男性にネクタイをプレゼントするなら、相手の性格を踏まえた上で上品で知性的な要素を取り入れたネクタイをチョイスしてあげると喜んでもらえるでしょう。

相手の方にもよりますが、若さやハツラツとした感じだともらっても身に付けにくいかもしれません。

色で言うとブルーやグレーなどがおすすめです。

ネクタイの幅は太い方が8センチ前後のレギュラータイがおすすめです。

柄も無地やヘリンボーンストライプ、オンブレストライプがおすすめ。

3色以上使うようなマルチカラーはビジネスで使えるような色合いを選んであげるとよいでしょう。

ブランドで選ぶなら、ダンヒルやグッチ、ジョルジオアルマーニ、ブルックスブラザーズ、フェアファックス、エルメネジルドゼニア、フェンディなどがオススメです。

40代の方に贈る場合の注意点

40代は社会的にも上の立場にいる方が多く、責任を負ったり品格を問われたりする年代です。

落ち着きが感じられる、品のあるデザインはもちろん、その方の品性により磨きをかけるようなエッセンスを加えられるネクタイをプレゼントできるとよいですね。

ブランドで選ぶなら、グッチやエルメス(エルメネジルドゼニア)、タイユアタイ、ルイジボレッリ、ブリオーニ、エトロ、ダンヒル、トムフォード、バーバリーなどがオススメです。

50代の方に贈る場合の注意点

3a5c62b398f6371063edbf0f0656a58 592x789 - ネクタイをプレゼントする意味や年代別の選び方のポイントをプロが解説!
WooL 100%

50代の方にネクタイをプレゼントするなら、上品かつおしゃれなネクタイがよいでしょう。

スーツスタイルにも慣れ、自分の個性を演出されている方も多いため、落ち着きを重視するデザインは没個性につながることも。

素材はシルクなどが無難ですが、プレゼントを贈る季節によってリネンやウール、ニットなどの季節に合ったコーディネートにふさわしいプレゼントができれば相手も喜ぶでしょう。

ブランドで選ぶなら、ルイヴィトンやエルメス(エルメネジルドゼニア)、タイユアタイ、ルイジボレッリ、ダンヒル、トムフォード、ブルガリ、ジバンシィ、マリネッラナポリなどがオススメです。

【体験ギフト】オーダーネクタイのプレゼントはSARTO KLEISで

ネクタイのプレゼントの選択肢の一つとして人気なのが、オーダーネクタイです。

おしゃれなネクタイを持っている方は、ネクタイの形状や生地の仕様などにこだわりを持っている方が多く、自分の理想のスタイルに近いネクタイを作れるということでおしゃれに敏感な方に好評なのでおすすめです。

サルトクレイスでもオーダーネクタイを承っていますのでぜひお問い合わせ下さい。

まとめ

ネクタイをプレゼントするときはその行為の意味をしっかり理解した上で相手を見極め、プレゼントを贈るとより2人の距離を縮められるでしょう。

プレゼントは相手への思いやりです。

まずは相手に喜ばれるようなネクタイを選んでみましょう。

サルトクレイスでもネクタイ選びをお手伝いさせていただきますので、ぜひご来店時にご相談下さい。

サルトクレイスのオーダーネクタイはこちらから >>

blank
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
戻る
目次
閉じる