今月の開催中キャンペーン情報

スーツにタイツはおかしい?ビジネスシーンでのマナーを徹底解説!

blank

ビジネスシーンにおいて、スーツスタイルの選択はとても重要です。

しかし、肌寒い季節になると、温かみを求めてタイツの使用を考慮する方も少なくありません。

そこで、「スーツにタイツは本当に合わせても大丈夫なのか?」と気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ビジネスシーンで求められるマナーと共に、スーツとタイツの組み合わせ方、色の選び方、適切なデニール数に至るまで徹底解説します。

また、状況に応じてマナーが変わる場面も具体的に挙げ、実際のビジネスシーンで直面する疑問についても詳しく解説いたします。

寒い時期にスーツにタイツを合わせようか悩んでいる人は必見です。

目次

【結論】スーツにタイツはおかしくない!たがシーンによってはNGな場合もある

基本的にスーツにタイツは悪くありませんが面接時等相応しくない場面もございます。

黒タイツが面接時にマナー違反とされる理由のひとつは、黒いスーツと黒いタイツを合わせると、お悔みや不幸のイメージを連想させてしまうことです。

確かにこの組み合わせはフォーマルには違いありませんが、基本的には仏事用のフォーマルになります。

ビジネスシーンにおけるスーツスタイルの基本

サイズ感とディテールを守る事が最も重要になります。

細すぎず、大きすぎない、攻めすぎずに守りすぎない、クールでもなければホットでもない。

優しく強く無欲なスタイルを目指してください。

スーツにタイツを合わせる時のポイント

スーツのサイズ感に注意してタイツ分のゆとりを取りましょう。

スーツとタイツの色の合わせ方

同系色が無難でしょう。

タイツのデニール数

25~30デニール未満/足を綺麗に見せる目的/オールシーズン…ストッキング

30デニール以上/防寒対策/10月~3月頃の秋冬…タイツ

このように分けられることが多いです。

実際のビジネスシーンでのタイツ着用のマナー


ルーズになりすぎないように心がけましょう。

会議やプレゼンテーション

会議やプレゼンテーションでは、タイツの着用は控えめにすることが望ましいです。

特にフォーマルな場面では、ストッキングを選ぶことが一般的です。

タイツの使用を検討する場合でも、肌色や黒などの無難な色合いを選び、目立たないデザインのものを選びましょう。

接客業

接客業では、服装や外見が顧客に与える印象が重要です。

タイツを着用する場合は、清潔感を意識して選ぶことが大切です。

また、タイツのデザインや色合いにも配慮し、上品で控えめなものを選びます。

営業

営業活動では、信頼性や誠実さが重要です。

タイツを選ぶ際は、堅実な印象を与えることがポイントです。

ベーシックな色合いやストレートなデザインのタイツを選び、派手すぎないように注意しましょう。

就活

就活では、リクルートスーツにタイツを合わせるのは避けましょう。

ビジネスシーンでは肌の露出を控え、よりフォーマルな印象を与えることが求められるからです。

また、採用担当者は求職者の服装にも注意を払います。

タイツを履くことで、余計な印象を与える可能性があるため、無難なストッキングを選ぶことが大切です。

スーツにタイツを合わせるか悩んだ時は無難にストッキングを

スーツにタイツを合わせるか悩んだ場合、無難な選択肢としてストッキングを選ぶことがオススメです。

シンプルで上品なデザインのストッキングは、ビジネスシーンでのマナー違反を回避しつつ、スーツとの調和を保ちます。

まとめ

ビジネスシーンにおいて、タイツの着用は慎重に選ぶ必要があります。

タイツを選ぶ際は、慎重に色やデザインを考え、ビジネスマナーに則った選択を心掛けましょう。

しかし、着用に不安がある場合は、タイツを着用せずにストッキングを選ぶことも一つの選択肢として考えましょう。

  • URLをコピーしました!
目次