今月の開催中キャンペーン情報こちら

スーツのフラワーホールの活用術!センスよく見せるための5つのコツ!

blank

スーツの左襟に開いているボタン穴を「フラワーホール」といいますが、このボタン穴について気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、その歴史的由来から役割、そして効果的な活用方法に至るまで、フラワーホールの知識を詳しく解説していきます。

スーツを着用する際、その小さなディテールが全体の印象を左右することがあります。

上質なスーツをより魅力的に魅せるための、フラワーホールをセンスよく見せるためのコツをご紹介。

簡単なのに、洗練されたスタイリングを実現するためのポイントを押さえておきましょう。

季節感を取り入れたおしゃれな付け方から、場面に応じたアクセサリーの選び方までお伝えします。

目次

フラワーホールとは?基本的な知識を押さえよう

フラワーホールは、スーツの左襟についているボタン穴のことです。

フランス語ではブートニエールといい、ボタン穴のことを意味する言葉になります。

そして、フラワーホールは英語でボタン穴に挿すお花という意味です。

どちらの言葉で言い表しても問題ありませんが、日本ではフラワーホールと呼ぶ方が一般的になります。

フラワーホールの歴史の由来


もともと軍服をルーツにしているのですが、当時は、風を避けるために襟を立てて着ていました。

その時に、第一ボタンのボタン穴として使われていたのが、今のフラワーホールです。

イギリスのエドワード皇太子が花を挿したことで、そのファッションが流行し定着したことがきっかけとされています。

フラワーホールの役割


第一ボタンのボタン穴として使われていたのがフラワーホールです。

後に、第一ボタンを外して襟を折り返した状態の「狩猟用コート」が登場します。

狩猟用コートの影響で、始めから襟が折り返されているコートやジャケットが浸透していきました。

時代と共に襟を開いて着用するスーツが一般的になったことで、第一ボタン穴の名残としてフラワーホールが残ったと言われています。

フラワーホールの活用方法

現代の日本の解釈では、パーティーや挙式、ビジネスシーンでそれぞれ活用方法が変わりますね。

フラワーブローチを挿したり、クラシックな装いを熟知したダンディな方は実際にリアルな花を挿す習慣があります。

ビジネスでは「社章」が一般的な日本の解釈でしょうか。

スーツのフラワーホールをセンスよく見せるためのコツ!


ここではクラシックとしての正しいフラワーホールの装飾方法を簡単に指南致します。

適切なアクセサリー選び

スーツというドレスアップには適切な装飾がルールとして存在します。

まずはフランス語での「ブートニエール」です。


こちらは伊のファクトリーブランド「ラルディーニ」です。

今では既製品を主軸にアジアのマーケットを捉えました。

この花の装飾がブランドのアイコンになるまで昇りつめた模範的なブランドです。

イタリアンクラシコが「無垢で本質的な」仕立てを提供する時代の後に台頭した「ニュークラシコ」の一例です。

場面に合わせた選び方


こちらはハットにブートニエールを装飾しております。

マンネリ化より愉しむ事を優先したドレススタイルのエッセンスです。

普段使いでも粋な遊び方でしょう。

女性のダブルブレストに襟穴はブートニエールを付けています。

男性が主に専攻していた合わせ方を女性がすることにより「メンズライク」にも繋がります。

まとめ

スーツという歴史から生まれた、またはカルチャーと密接した装い。

少しのアクセントと少しの努力で全体を引き上げる嗜みを少しでも楽しんで頂けましたらと思います。

  • URLをコピーしました!
目次