いつもサルトクレイスのブログをご覧頂きありがとうございます。

先日Tweetした当日の服装はスリーピーススーツにブーツというもの。

正直季節感も何もないような装いで見る人を困らせそう…

今日は夏場にスリーピーススーツを着た感想について。

当然暑い

大前提ですが暑い、必死に日陰を探しそこのみを歩き続けたくなる程度には暑い。

が場合によっては半袖シャツにはないメリットを享受できる場合もある。

それにスリーピースでなくても暑いのには変わりないように思う。

直射日光を遮ることができる

なかなかにポイントであるようにも思う。

ジャケットでなくとも、シャツでもいいわけだが長袖である方が暑さには強い。

太陽の熱で体が際限なく熱くなるのを遮ってくれるから。生地と皮膚の間に空気の層があった方が良いのだ。

ポイントはシャツの中に機能性インナーを着ること(色はベージュが最も好ましく、次点で白※夏場のインナー事情)もしくはベストを着用すること。

避けたいのはシャツが透けてしまうこと。

また、ベストを着用する場合にはシャツはコットンもしくはリネン素材で。吸湿性はかなり重要。

重要なのは湿気

人は汗をかいて体温を調整するので、暑さを凌ぐには

  • 汗をかく
  • 気温の低い場所にいく(空調の効いた部屋・日陰)
  • 風をあてる(空調服やハンディタイプの扇風機など)
  • そもそも体温が上がらないようにする

汗での調整が追いつかなくなると途端に暑さがましたように感じる…

加えてなかなか気化しないので湿気がこもるので不快になる…

正直「やってらんねー」というところ。

ここでスリーピーススーツに着目したい。風をあてる空調服的な機能はないが、体温が上がりにくいようにはできる。

というのもジャケットなどに使われているウールやリネンなどは断熱性に優れている。直射日光を遮り熱が伝わるのを防いでくれる心強い味方だ(もう少し世間はジャケットに対して優しくしてほしい)

注意すべき点が湿気。特にジャケットの素材と裏地。

ポリエステルという安価で耐久性に優れている素材があるがこれが吸湿性がかなり悪く蒸れやすいし、べとべとする。不快である。

背中側の裏地を排した背抜き(通気性も高くなる)キュプラ素材(吸湿性が高い)を使うことでいくらか快適になる。

生地もウールのホップサックなどざっくりと織られている生地を使うことで通気性が高く湿気を逃しやすい(しわに強い生地が多いことも良き)

ジャケット(ベスト)の役割は直射日光を避けることで体温の急激な上昇を抑え、熱を遮り湿気を吸い放出すること。

問題は覆っていない頭付近が熱くなってることが問題じゃないかと。

帽子をかぶればどうにかなるんじゃないかとさえ思うこの頃。

ジャケットは着た方が良い

ジャケットは暑さを凌ぐ上では優秀な役割を果たしてくれる。

  • 直射日光を遮る
  • 断熱性に優れている(冬場は保温効果が高いと言い回す)
  • 吸湿性が高い

問題は湿気で湿度が高い場合に汗が気化せず不快になる。

ジャケットを着ているとシャツの乾きも悪くなるので解消されにくい。

場合によっては脱げばいい

簡単だが汗の不快に耐えられない場合はジャケットを脱ぎ少しでも通気性を高める方が良い。

体内に熱気がこもりだすと諸々のキャパが超えているので必要な処置を施すと良い。

屋外での活動が10分以内なら

体感なので個人差があると思うが10分程度ならジャケットを着ている方が心地よい(その日の湿度に左右される)

急に体の温度が上がることもないので無理な発汗をせず体力の消耗も少ない。

ただ、日によっては10分以上たつとキャパを超え不快になってくる。

一番しんどいのは

熱気がこもって室温と湿度の高い部屋が一番しんどい。

汗で体温の調整がうまくできないから。ほんとに要注意。

半袖のメリット

個人的な意見もあると思うが、半袖のメリットは空調が効いている部屋で涼しさを享受できるが早いことではないだろうか。

直射日光を遮り、急激な体の温度の上昇を遮るように半袖は直接コントロールされた空調に触れるのだから。

スリーピーススーツである理由

ただ単にベストが調整役として便利ということだけ(単純にかっこいいのも)

体の中心を安定して保護(断熱・吸湿・シャツの透け防止)するので重宝する。ポケットがあるのも少し外出したり、手ぶらで活動する人には便利。

スーツスタイルの難点

洗えないことがやはり大きいように思う。

ウォッシャブルスーツなど販売されているようにやはり汚れが気になるところ…

匂いはスチームアイロンや使用後の風呂場で干すなどして対策できるものの、汚れ特に汗が気になる。

特にスラックスが気になる。直接肌に当たるので汗をかいていることが余計に気になり、冬場よりも気にかける。

ジャケパンスタイルがおすすめ

パンツをコットンのものにしたジャケパンスタイルが良い。

コットンだと家庭でも洗いやすいし、タフでウールと比較すると安価で良質なパンツも多い。

職場の規定に合わせてコーディネートすると良いが、多くがチノパンになるだろう。

ベタな合わせだと紺のジャケットにベージュ系のパンツを合わせるのが良い。

定番としてい定着しているので違和感なく取り入れてやすい。

まとめ

結論的にはスリーピーススーツ(スラックスは要注意)は夏場の暑さ対策に割と有効であるということ。

サルトクレイス谷町 髙橋

当店のコロナ対策

1585903717283 789x591 - 夏場にスリーピーススーツってあり?夏のスーツ事情

サルトクレイスでは
全店でコロナ対策に
取り組んでいます。
アルコール除菌を
店頭にて
ご用意していますので
ご来店の際はお気兼ねなく
お使いくださいませ。
※スタッフはマスク着用
しています。

サルトクレイス谷町本店

オーダースーツサロン
SARTO KLEIS(サルトクレイス)谷町本店
営業時間 月曜日 - 日曜日 11:00~20:00
大阪府大阪市中央区糸屋町1-2-3
TEL:06-4790-5551

ja - 夏場にスリーピーススーツってあり?夏のスーツ事情

谷町店詳細

ネット予約する >

電話予約する >