インポート生地フェア開催中! フェア情報はこちら

スーツ2のスーツ-織田裕二さん-

blank

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
大阪・京都のオーダースーツサロンサルトクレイスです。

アメリカドラマのリメイクで良くも悪くも他の日本ドラマと違う雰囲気を醸し出しています。

https://twitter.com/fujitvview/status/1249993547891101697
目次

織田裕二さんのスーツ

織田裕二さんのスーツかっこいいですね。

注目して頂きたいのが

  • スリーピーススーツ
  • ピークドラペル

でしょうか。

この写真のスタイルが基本ですね。

https://twitter.com/drama_suits/status/1249692904626348035

この写真がわかりやすいですね。

ダブルのスーツでよく使われることが多いピークドラペルですがこちらはシングルブレスト。

華やかさを出すことが出来ますし、広くなってきているラペル幅も取り入れやすいです。

ジャケットのボタン位置は適度な位置で着丈はある程度長さを取っています。

弁護士という役柄か若々しくスポーティーな印象はあまり出さないようにしているのでしょうか。
しっかりした人という印象が大事ですからね。

ベストはボタンが6×6のベストでしょうか。

ボタン位置が高く、カチッとした雰囲気に。

ネクタイは紺のソリッドタイ。
シンプルな配色です。

シャツもストライプの上品な感じ。

頼れる弁護士

ネイビーのスーツで誠実さを表しつつ、デザインでカチッとした頼れる弁護士を演出していますね。

オーダースーツで作るなら

写真を持っていくのが一番手っ取り早いですね。

そして、入念に打ち合わせ。

  • 生地はイタリア系の綾織で光沢が少しある生地
  • AMFは必須。見た目に高級感(ジャケット・ベスト共に)
  • シャツも真似るならダブルカフスでワイドカラー
  • ダブルカフスのシャツを合わせるならジャケットの袖口は細くし過ぎない

シングルブレストでピークドラペルおすすめですよ。

サルトクレイス谷町 髙橋

Twitter・Instagramやってます

良ければ覗いていってください٩(๑òωó๑)۶

https://www.instagram.com/p/B-yyvJ3DoXL/?utm_source=ig_web_copy_link
URLをコピーする
URLをコピーしました!

人生寄り添った
オーダースーツ

まずはお気軽にお問い合わせを。

オンラインでのご予約はこちら
お問い合わせはこちらから
オーダーの流れ

記事を書いたスタッフ

記事の感想をどうぞ

コメントする

目次
閉じる