インポート生地フェア開催中! フェア情報はこちら

素材で選ぶオーダージャケット

blank

こんにちはサルトクレイス京都店です。本日は素材で選ぶオーダージャケットを1着ご紹介致します。現代のドレスカジュアルの傾向から紐解くと、wool 100%以外の素材の方が圧倒的にドレスダウンし易い傾向にあります。

目次

TOLLEGNO(トレーニョ)

トレーニョは100年以上も続くイタリアの老舗ブランドならではの生産者の奥行きを感じる服地です。

2 592x789 - 素材で選ぶオーダージャケット
wool 46%:cotton 43%:linen 11%

紹介画像のように2種類以上の糸を組み合わせて紡いだ糸を混紡糸と言います。動物繊維と天然繊維それぞれが持つメリット、デメリットを互いに補い合います。

素材に特徴がある事

ビジネスカジュアルが浸透している現代では従来のwool 100%(スーツの服地)に使われる生地だけでは、着こなしの幅が狭くなるのが現状です。企業様によっては、コットンから製作されたデニム、チノパンでのビジネスライフを中心とした着こなしも多くなっておりますので、素材に特徴がある事で、多種多様な落とし込みが肝心になります。

1 6 592x789 - 素材で選ぶオーダージャケット
仕立ても柔らかなブルーラベル

もはや定説でもあるWoolスラックスとのコーディネートにも対応出来るので1着持っていればクローゼットにおける優秀な選抜メンバーに入るかと思います。

マンネリ化防止も考えると、レディースにもかなりおすすめになってきます。

592x789 - 素材で選ぶオーダージャケット
592x789 - 素材で選ぶオーダージャケット
592x789 - 素材で選ぶオーダージャケット

女性向けの対応も考慮し、全4色展開になります。管理職の40代の方にもレパートリーのひとつとして早めにご検討ください。

f20252f6384a0a64c18caaf7df63904 592x789 - 素材で選ぶオーダージャケット



※※※※※※非常にセンシティブな状況が続きますが、皆で協力して出来る事から始めて参りましょう他人事ではない危機感です。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あわせて読みたい

オーダージャケットを作ってみる。着こなし方も紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

人生寄り添った
オーダースーツ

まずはお気軽にお問い合わせを。

オンラインでのご予約はこちら
お問い合わせはこちらから
オーダーの流れ

記事を書いたスタッフ

記事の感想をどうぞ

コメントする

目次
閉じる