いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
大阪・京都のオーダースーツサロンサルトクレイス
大阪谷町本店より

さて今回は私のジャケットが仕上ったので紹介

色々と好きなポイントやディティールが。
今回はおすすめのポイントをいくつかご紹介。

ラペル

DSC 0048 280x280 - スタッフ着用春夏ジャケット-おすすめポイント-

まずはラペルの返り
立体的に返ったラペルは美しい…。
ペッタンコのラペルは立体感がなくあまり上質なスーツには見えない。
その秘密は作り、目には見えない(正確には表には見えない)芯地に。

スーツは生地よりも作りにこだわる方が長持ちする点、高級感あるように見せる上ではコスパが良いかも…。

サイドベンツ

DSC 0064 280x280 - スタッフ着用春夏ジャケット-おすすめポイント-

後ろのベント
こちらはサイドベンツがおすすめ
細身のスーツで仕立てるならセンターベントでとことん細身に見せるのもいいが、サイドベンツで少しゆとりを取ったほうが大人っぽい。
また、細身の強いトレンドからクラシック回帰の流れがありゆとりを取るように。
ウエストの絞りも以前ほど絞らないのでサイドの方がバランスが良いかも。
着丈を長く取るのもgood‼

落ち着いた雰囲気と上質な作り

デザイン性の強いジャケットより落ち着いた雰囲気や上質さを感じさせる作りがおすすめ。
当然デザイン性の強いものも良いが共通しておすすめできるポイントはこの2点。
細身でセンターベント、モードテイストのあるジャケットも好き。
コミュニケーションをしっかりと取り理想のジャケットをワードローブに。

個人的なこだわりについては後日…。

Twitter・Instagramやってます

良ければ覗いていってください٩(๑òωó๑)۶