皆様明けましておめでとうございます。新年最初のブログ投稿になりますのでどうぞご閲覧のほどよろしくお願いいたします。

明日は「成人式」という事ですが、まだまだ寒い日が続きますので本日はメンズオーダーのおすすめコーディネート事例を3種類ご紹介致します。

CASE1

0a5e0f9f6be095aa8c9455f74ae5cb9 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート
大柄のウィンドウペーン

ブラウンベースの大柄は一見派手に見えますが模様自体のお色も同系色ですので比較的安心感もあり、オフスタイルには重宝する生地です。またトレンドの傾向でもあります英国調のザックリとした重厚感のある生地ですので「男らしく」コーデを演出してみてください。

457f2f81a4bee64fedf71d6535929d7 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート

一見職人好みの色合わせに見えますがネクタイにネイビー色が入ることで中和した印象を与えます。

be6eccc2539ba1894858507e3b9fde5 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート

ジャケットもピークドラペルで都会的なディテールを採用してますので「コテコテになりすぎない」足し算引き算の上手な合わせ方です。

CASE2

1e71c0b64117b390f6b7ace1c62f500 1 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート
定番のブラックウォッチ

見たことがある!!というお客様も多いと思います。こういった伝統的な柄がアップデートされて戻ってきているのはここ数年の流れです。メンズレディース問わず愛されている生地ですので入門編の方にはおススメの生地ですね。

0ca78c8dddc86561324f239f6a0841d 1 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート

ポイントは「ネクタイの色と生地の色の共通要素を組み合わせること」です。

ヴィヴィットなネクタイではでっかくの生地の良さ、素材感、奥行きが台無しになるので上記のように控えめな色合わせをおススメします。

4c38ca63b294faedb29af1137709f8a 1 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート

ダブルブレストですが嫌味が無くてどこか新しい感触もありますね。あくまでサラリと着こなす大人の男性をイメージしておりますが着る人を選ばないのもこの「ブラックウォッチ」の特徴かもしれません。

CASE3

f46adf3f5e6693a729a69bf8b4c8adf 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート
英国の伝統:MOON社の定番生地

最後にご紹介致しますのは、180年もの歴史がある英国のツイード素材「MOON社」の生地です。

d205bd54dfe567cd2a8123938e464a3 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート

ご覧の通り、カントリー調で重厚感のある生地には、重厚感のある「ウールのネクタイ」でまずは素材感を統一するのがドレスクロージングの「ルール」であり「マナー」になります。着こなしのレパートリーが少ない方は、慣れるまでは背伸びはせずに「ルール」に乗っ取ったコーディネートが良いかと思います。

7d2aba7645147815e3e9eb338d9be57 1 592x789 - スタッフがおススメしたいメンズオーダーのコーディネート

こちらもピークドラペルで旬なディテールを取り入れたオーダージャケットです。CASE1、2よりも少々難易度が高い気がしますが、手持ちの幅を広げたい、脱マンネリをご検討の方は是非ともトライしてみてはいかがでしょうか。

ご興味がある、価格が知りたいお客様はコチラから。

田原