皆様こんにちは!
オーダースーツサロン サルトクレイス 大阪 谷町本店です(^^)

いよいよ2019年も終わりに近付き、冬本番です。
最低気温は10℃と、大阪はまだ暖かいほうですが、寒い(;;)
朝のスーツ選びもついつい防寒を最優先に…
「オシャレは我慢」という風潮も終わりつつありますよね。笑

さて、本日はドレススーツについて。
先日、知人の結婚式に招待され、出席して参りました。
大阪から姫路まで、遠い、寒い。。。笑

いやぁ~、、、毎度思いますが、皆さん思い思いの格好をされますよね!
参列者の中には、ライトグレーのスーツや、ネイビースーツに黒シャツ、
蝶ネクタイをしている方まで、ほんと、、、

「気合い、入り過ぎちゃいまっか?」

“モテたい” 、 “目立ちたい” より先に、ドレスコードです。笑
いや、別にいいんです。
「そのスーツはダメだ!」という訳ではありませんが、
ご自身の年齢とお立場を考えて、節度を持ってお祝いしましょう。

 

 

結婚式に参列する際のスーツ選びについてはこちらで詳しく解説してます。

 

 

 


外さないドレススーツはミッドナイトブルー


“ミッドナイトブルー” って、たまに聞きませんか?
定義として、濃紺よりも暗い黒に近い紫みのある青。
ややこしいですよね。
黒と比較して少し青みがあるものと認識頂ければ間違いないです。

なぜ、ミッドナイトブルーのドレススーツがよいのか。
ズバリ、 “派手過ぎず地味過ぎない” という絶妙なバランサーであるから。
フォーマル、パーティーシーンのスーツ、その選択肢として

  • ネイビー
  • ミッドナイトブルー
  • ブラック

この三色が無難です。
ネイビーだとカジュアル過ぎるシーンや、ブラックまでいくと喪服っぽく堅苦しすぎる。どうしよう。。
こんな経験、ありませんか。
その中間、”ミッドナイトブルー”を持っておくと安心です。

 

2019.12.13 1 500x500 - ドレススーツをオーダーしてみる。
ミッドナイトブルーのオーダースーツ

 

 


ミッドナイトブルーのオーダースーツを仕立てた感想


 

これが、本当に万能です。
長くオーダースーツ、テーラーに関わっておりますが、私自身、ここまで深いネイビーを仕立てたのは初めての経験でした。
フォーマルシーンはもちろん、ブラックスーツではないのでビジネススーツとしても決まる。
あくまで私はファッション業界の人間ですが、これは別業種の方でも当てはまると思います。フォーマルに、ビジネスに、ほんと幅広く使えます。

思い込みかもしれませんが、大阪人のスーツって、全国的に見て少し派手なんですよね。笑
その中で、パリッとミッドナイトブルーって、、ちょっと優越感。笑

早速、もう一着仕立てようと計画中です。

 

2019.12.13 2 789x789 - ドレススーツをオーダーしてみる。
トーニャの大人気コレクション エストラート

 

 

 


礼服こそ、オーダースーツで仕立てるべき。


ドレススーツはもちろん、冠婚葬祭など、式典用のスーツは、
もれなくオーダーで仕立てるべきです。

  • 「礼服って着る機会少ないから既製品でいいや。」
  • 「毎日着るスーツをオーダーしたい。」
  • 「そもそも、オーダースーツは要らない。」

たくさんのお客様に来店頂きます、そこで礼服やドレススーツのお話になると、
意外にも多くの方が、「う~ん…」

毎シーズンたくさんのオーダーをかけられるお客様も、いざ、冠婚葬祭用のスーツ、礼服となると、「昔の物がまだ着れるから今度にする。」と先延ばしに。

「オーダーしててテンションが上がらない。」と言われることも多々あります。
フォーマルスーツとなるとある程度の制約がありますから、あまり奇をてらったものにはできない=テンションが上がらないんだそう。笑
なんとなく、わかる気もする…

いざ!って時に、あると便利だけどいつ使うかわからない。
急な要りように量販店へ駆け込み、間に合わせでそれなりの金額で購入する。
それが1番もったいないと私は思います。

今のうちに作っておこうかな。って感覚で、
フォーマルスーツは前もってオーダーしておくべきですよ(^^)

 

ミッドナイトブルー、たくさんご用意してお待ちしております。

 

オーダースーツサロン
SARTO KLEIS 谷町本店
近藤