今月の開催中キャンペーン情報

ノータックとワンタックとツータックの違いを解説!自分の体型に合うパンツの選び方を紹介

blank

ビジネスシーンからカジュアルまで、幅広いシチュエーションで活躍するパンツの世界には、その種類と選び方が重要なポイントとなります。

特に、ノータック、ワンタック、ツータックのパンツは、それぞれに異なる特性と魅力を持っており、自分の体型や着こなし方に合わせて選ぶことがスタイリングの成功の鍵を握ります。

この記事では、これら三種類のパンツがどのように異なるのか、またそれぞれのメリットとデメリット、適した体型とおすすめの着こなし例を詳しく解説していきます。

自分自身のスタイルをより魅力的に見せるためのポイントを掴む手助けとして、体型別のパンツの選び方にも焦点を当てていきたいと思います。

あなたにぴったりのパンツスタイルを見つけましょう。

目次

ノータック、ワンタック、ツータックのパンツの違いと体型別選び方ガイド

クラシック回帰も一旦波が落ち着き、スリムパンツとタックパンツがほどよく分断した現状です。

スタイルとして着用する方と、体型のコンプレックスで着用する方では選定するポイントも変わってくるのでご理解ください。

ノータックパンツとは

ノータックとは、タックがないパンツの事です。

ノータックはワンタックやツータックと比べると、若い人に人気のあるスポーティーなデザインです。

タックがないと裾幅が細くなり、相手にスッキリとした躍動感のある印象を与えます。

ノータックパンツの特徴


もともとノータックというのもカジュアルパンツのデザインでしたが、商業的なプレタの普及で、スーツのパンツにも取り入れられるようになりました。

また、ノータックパンツにはウエストの位置が低くなっているデザインのものが多くなっています。

これは、腰回りとヒップ回りの長さの差が小さくなることで動きやすくするためです。

ウエストが低い位置にあることは、ベルトをした時などにウエスト部分にシワが寄るのを防ぐ働きもしてくれます。

ノータックパンツを選ぶメリット/デメリット

スポーティーな若年層には永続的に人気のノータックパンツ。

またデザイナーズブランド、モードブランドがお好きな方には定着したスタイルです。

ここでは、各々のメリット、デメリットをご紹介致します。

ノータックパンツが適する体型

ノータックパンツは体型に合っていないと、腰回りがパツパツと張った状態になる場合やシワが入る場合もあります。

せっかくのスマートな印象が台無しになりますので、サイズ選びには注意するようにしましょう。

ビジネスシーンで着用可能なノータックパンツですが、冠婚葬祭などのフォーマルなシーンではタックの入っているパンツの方が好まれます。

フォーマルシーンには、ワンタックのパンツを着用しておく方が無難です。

また、腰回りがぴったりとフィットするデザインのため、立ったり座ったり動き回ったりする必要のある場面にはあまり向いていません。

中肉中背のスタイリッシュな方には、シルエットを示すという満足としては向いているかもしれません。

ノータックパンツの着こなし例

非常に難解な問題です。

ノータックパンツは何を目的として着用するのか、で方向性が決まります。

女性目線やハイブランド志向の若年層には好まれる傾向にあります。

日本ではノーズの長い革靴に裾口を絞ったスリムパンツを重ねる傾向がありますが、ヨーロッパとは真逆な習慣です。

全盛期に各国のデザイナーが発信した事をきっかけにビジネスまで落とし込まれました。

ワンタックパンツとは

パンツの左右の足に1本ずつタックの入ったものをワンタックといいます。

ワンタックはクラシックなスーツによく使われるデザインで、上品な印象を与えます。

腰回りにゆとりが出て動きやすく、立ったり座ったりの動きも非常にスムーズです。

仕事で動き回ることが多い日は、ワンタックのパンツを選ぶと良いですね。

デザイン性と動きやすさを兼ね備えていると言えるでしょう。

ワンタックパンツは腰回りにゆとりがあるので、体型が変わりやすい人にもおすすめのデザインです。

タックパンツの中でも、足首に向かって細くなるテーパードシルエットであれば、タックパンツの動きやすさとシルエットのシャープさの両方の良さがあります。

初めてタックパンツにチャレンジされる方は、テーパードシルエットを選ばれると良いでしょう。

ワンタックパンツを選ぶメリット/デメリット

タックパンツの一番のメリットはパンツの腰回りにゆとりを持たせ動きやすくなることです。

タック部分は女子学生の制服によくあるプリーツスカートのように生地が畳まれて縫われているので、体の動きに合わせて生地が広がります。

そのため足の曲げ伸ばしなどもスムーズにできるのです。

タックの数が多いほど、パンツにできるゆとり部分が大きくなります。

パンツのサイズにゆとりを持たせると、オーバーサイズでだらしない印象になりますが、タックパンツであれば、腰回りのみにゆとりを持たせているので全体のシルエットは損なわずに済みます。

現代では主にスーツに関心のある世代に好まれます。
タックパンツはゆとりが生まれる反面、クラシカルな風貌です。

女性から見てもなかなか理解に苦しむのはそのためでしょう。

特に若い方で、スリムシルエットを好む方にはおすすめのデザインではありません。

またタックパンツは印象が固定されてしまうため、さまざまなスーツスタイルを楽しみたい方にも物足りない印象となるでしょう。

タックパンツは自分に合ったサイズでなければ、野暮ったい印象を与えてしまいます。

自分に合ったサイズや似合うデザインのタックパンツを選ぶようにしましょう。

ワンタックパンツの着こなし例

英国的なインタック(内向き)と米国的なアウトタック(外向き)でこれも趣向が分かれますね。

インタックはフォーマル向きと捉える傾向にありますので、TPOをわきまえ購入しましょう。

ツータックパンツとは

タックとは「縫いひだ」「つまみ」などの意味です。

パンツの場合は、前身頃(まえみごろ)の左右(ベルトループの下)に入れ、ヒップ回りにゆとりをもたせる効果があります。

一般的には1本ないしは2本のタックが使われますが、2本タックのパンツをツータックパンツと呼びます。

ツータックパンツの特徴


ノータックやワンタックに比べてシルエットにゆとりがあり、着用時に窮屈さを感じにくいという特徴があります。

そのため、動きやすさを重視する人や、体型ががっちりしている人などにおすすめのデザインです。

ツータックパンツを選ぶメリット/デメリット

ツータックは、パンツの左右に2本ずつタックが入ったよりクラシカルなデザイン。

ノータックやワンタックに比べてさらにシルエットにゆとりがあり、着用時に窮屈さを感じにくいという特徴があります。

ツータックパンツが適する体型

ツータックの特徴 ツータックパンツの特徴は、腰回りやヒップにややゆとりのあることです。

一般的なデザインの場合、ノータックパンツより4センチゆとりができることになります。

そのため、ハードな動きにも無理なく対応できます。

ヨーロッパの目線では、あまり足が長くはない日本人には不向きとも言われています。

ツータックパンツの着こなし例


ノータックは少々股下が必要な気がします。

日本人の平均身長ではイレギュラーが無い限りワンタックで良いかと思います。

体型別パンツ選びのポイント

ここでは体型別でのパンツ選びのおおまかなポイントをご紹介します。

「スタイル」として購入される方は全く別の考え方ですのでご注意ください。

細身の体型におすすめのパンツスタイル

基本的にはノータックです。

「スタイル」としての考え方は両方楽しめます。

筋肉質の体型におすすめのパンツスタイル

ワンタックが推奨できますが、ジムやトレーニングで肉体美を主張されたい方はノータックを好む傾向にありますね。

大きめの体型におすすめのパンツスタイル

ワンタック、ツータックが基本的には良し、とされとります。

下腹のまた着席した際の下腹の縮率で大きく変わりますので、シルエットに自分を合わせに行くのか、または体型に合わせるのか、で大きな差になりかねます。

身長が高い人におすすめのパンツスタイル

高身長の方は比較的、どちらでも対応可能です。

後は好みと時代性を踏まえてご検討ください。

身長が低い人におすすめのパンツスタイル

どうしてもコンパクトになりますので、ノータックが推奨できますが、股上の深いタックパンツも足が長く、長身に魅せるポイントとして有効打になります。

まとめ

今回はパンツのタックについて記載しました。

スタイリングの根幹は、足元⇒パンツ⇒上着、というフローで下から汲み取るものです。

上着の一点で組むのではなく、まずは全体のゴールを決めて楽しみましょう。

  • URLをコピーしました!
目次