今月の開催中キャンペーン情報

秋冬生地をスリーシーズンに

blank

いつもサルトクレイスのブログをご覧頂きありがとうございます。

まだ気温の高い日が続きますが、続々と新作の生地が入荷しています。
心躍る季節がやって来ました。

ここ1、2年春と秋を感じる時期が短くなってきており夏から冬、冬から夏になっているように感じます。
そして夏はスーツを着るのがなかなか難しい。となれば、スリーシーズン着れるスーツよりも冬にフォーカスしたスーツの方が着れる時期が長いのではないかと。
夏に着れないからと敬遠していた生地がもっと選ばれるようになってもいいのではないか。そんなふうに思わざるを得ません。

今回は秋、冬、春先の時期におすすめの生地を紹介します。

CANONICO 21μ

スーツの生地と言えば原毛や糸が細く光沢の強い物が上等な物とされている中、太い原毛を使ったカノニコの21μ。シワになりにくく、耐久性の高い生地は実用的で少ない着数で着回す方にもおすすめです。カノニコはこの実用的な21μを使った生地で様々なバリエーションの生地を展開しています。今お手持ちのスーツと同じ色柄でも違った雰囲気のスーツにすることも可能です。

COVERT

秋冬向け生地として展開されるCOVERTは、はっきりとした綾目の畝が特徴的です。特徴的でありながらもシンプルなこの生地は控えめながらも確実にある光沢はクールビズを終えスーツを着始める時期を確実に支えてくれます。
320g/mと440g/mのバリエーションがありますが、より長い期間着たいのであれば320g/mを選ぶといいです。着れる時期の広さと高い耐久性、シンプルな色柄は確実に手にしたほうがいいでしょう。

スクロールできます
518E9F0A 99BA 4A93 BF47 EFA4FB60A7B3 789x444 - 秋冬生地をスリーシーズンに

ネイビーの濃色は特に畝が目立ちにくく、フォーマル過ぎないスーツの点ではおすすめです。

C3620663 91E0 44A8 AB87 2693393037F5 789x444 - 秋冬生地をスリーシーズンに

440g/mの生地はより畝が深くなっています。カジュアルなテイストが強くなるのを活かしてブラウンやベージュを

TRADITIONAL WORSTED

その名の通りトラッドな色柄のコレクション。先述のCOVERTよりシンプルで生地の見本だけでは柔らかくツヤのある生地に劣るように感じるかもしれません。しかし、トラッドな生地は流行り廃りなく着ることができ長くワードローブに欠かせない一着となるでしょう。
360g/mと少し重めの生地感はしっかりと体にフィッティングさせることで重さを感じにくくするとともに芯地やアイロンワークを駆使した仕立てでその真価を発揮します。

3AFAA748 2D54 4A99 9C80 0CBCD66891C4 789x444 - 秋冬生地をスリーシーズンに

シンプルな色柄ほど仕立てによって差が付きやすく、仕立て映えを試みるのであれば手に取りたい生地。落ち着きを出すこともできるグレーはいかがですか。

8725C079 5E06 4869 8D0D 8396D8CC448F 789x444 - 秋冬生地をスリーシーズンに

控えめな柄の生地は飽きが来ず長期間着続けるのに最適です。ヘリンボーンは厚めの生地と相性がよくカントリーテイストを取り入れることができます。

Loro Piana DOWNTOWN

ステレオタイプ的なロロピアーナのイメージとは一線を画すような生地が登場しました。ラグジュアリー感溢れる生地ではなく、ロロピアーナらしくないな感じさせる一方、手に取ったときのしっとりとした質感はやはりロロピアーナであると実感させます。シワにも強く耐久性に優れた実用的な生地でありながらロロピアーナを体感できる生地となっています。

スクロールできます
FB630AA0 4C8E 4606 9999 2C20EC5B9DDB 789x444 - 秋冬生地をスリーシーズンに

無地の生地は複数の色の糸で織られているのが特徴的。英国的な雰囲気を感じさせます。

93419F60 AF43 4D67 8F14 681384CBDCD1 789x444 - 秋冬生地をスリーシーズンに

人気のグレンチェックは大きめのチェック柄になってます。近年人気のブラウンと定番のグレーがおすすめです。

HOLLAND & SHERRY INTERCITY

最後にイギリス生地からHOLLAND & SHERRYのINTERCITYを紹介します。イギリス生地らしい緯経双糸の生地は仕立てによってきれいなドレープを生みます。こだわりのコレクションはクラシックな柄を揃えていますが、ネイビーとグレーの色のみから成り、重厚感あるスーツスタイルが作れるようになっています。

スクロールできます
080339CA 52FE 429D AE86 3718711321C7 789x445 - 秋冬生地をスリーシーズンに

定番の一つではあるものの探してみると意外と見つからないのがシャークスキン。ミディアムグレー、ライトグレーで生地の風合いを楽しんではいかが?

259A57A1 E43D 4873 96A2 9367BF2FAAD1 789x444 - 秋冬生地をスリーシーズンに

イギリスのスーツスタイルと切っても切り離せないのがストライプ。高番手で織られた生地では表現できないストライプはやはりイギリス生地で。

A5FAEDBC 47B8 44CA 85BB 250AF37ED9E5 789x444 - 秋冬生地をスリーシーズンに

定番の柄に遊びある色を使うのがイギリス流。ネイビーに薄めの紫を。上質な生地感とクラシカルな柄が遊びを支える土台になっています。

まとめ

今回はおすすめの長いシーズン着れる秋冬生地を紹介しました。似たような生地感が多くなりますが、明確な違いがあり、そういった違いを楽しみです。
オールシーズン向けの生地と言えば240g/mから280g/mですが秋冬春の3シーズンに絞り300g/m台の生地をメインに据えるのはどうでしょうか。仕立て映えする生地が多いのでスーツの新しい楽しみを開拓できること間違いなしです。

サルトクレイス谷町本店 髙橋

  • URLをコピーしました!
目次