今月の開催中キャンペーン情報

背抜きスーツの時期はいつからいつまで?総裏と半裏の違いも解説!

blank

ジャケットの裏地には「総裏」「背抜き」「半裏」の3種類があります。

春夏のスーツは背抜き、秋冬のスーツは総裏と考えている方も多いでしょうが、オーダーする上でどの裏地にするのか悩むと思います。

今回はジャケットの裏地にについて詳しく解説いたします。

ぜひスーツ・ジャケット作りの参考にしていただければと思います。

目次

背抜きスーツの時期はいつからいつまで?

そもそも背抜きスーツの”背抜き”とは夏用スーツによく見かけるスーツの裏地が背中半分しかついていない仕様のことを「背抜き」と言います。

逆に冬用スーツには裏地が背中一面についている「総裏」が一般的な裏地の仕様となります。

では背抜きスーツと総裏スーツの時期はいつからいつまでなのかについてご説明していきたいと思います。

背抜き

一般的に4〜9月と言われています。

昨今は10月でもまだまだ暑かったりしますのであくまで目安です。

総裏

一般的に10月〜3月と言われております。

これもまだ寒いと感じられる方は4月まで着られている方もおられますのであくまで目安です。

裏地がないほうが通気性がよくなり、涼しくきれるため背抜きは春夏用、裏地が全部ついている方が暖かく着れるため総裏は秋冬用と言われています。

背抜き・総裏・半裏の違いについて徹底解説

背抜きの特徴

背抜きの特徴は上記に書いた通り、背中半分より下が裏地がついていないことから通気性が良いのが一番の特徴かと思います。

裏地をつける面積が少ないため、ジャケットも軽く着やすいのも特徴です。

欧米などではあまり見られないデザインですが、高温多湿な日本には向いているデザインといえます。

総裏の特徴

総裏の特徴も上記に書いた通り、一番は寒い時期に暖かく着れることかと思います。

保温性、保湿性に優れている。

表生地が汗や皮脂などの汚れによるダメージを受けるのを防ぎ、厚みを持たせて美しいシルエットを作り出すのにも役立ちます。

半裏の特徴

​​背抜きからさらに裏地を減らし、前身頃についている脇の下から裾にかけても裏地なしにした仕様。

背抜きよりさらに涼しくしたい夏用のジャケットに使われることが多い。

裏地が少ない分、生地にストレスがかかりやすいですがビジネスカジュアルや夏の暑い時期に1着持っておくと便利かと思います。

背抜き・総裏・半裏の裏地のそれぞれのメリット・デメリットを紹介

背抜きのメリット・デメリット

背抜きのメリット
  1. 通気性
  2. ジャケットが軽い
背抜きのデメリット
  1. 裏地がついていない分、中のワイシャツが透けやすい
  2. 裏地がついていない部分に汗や摩擦で生地が痛みやすい

総裏のメリット・デメリット

総裏のメリット
  1. 裏地が全面ついていることからスーツの形崩れを防止できる
  2. 表地を守れる
  3. 裏地の素材で温度と湿度の調整ができる(素材をキュプラにすると)
背抜きのデメリット
  1. ポリエステル素材の裏地で総裏にしてしまうとムレやすい
  2. 夏はかなり暑(キュプラ素材のものでも)

半裏のメリット・デメリット

半裏のメリット
  1. 背抜きよりも裏地が少ないためより通気性があがる
  2. 夏用生地でジャケット素材のものによく使用され、季節感がでる
  3. ジャケットが軽い
背抜きのデメリット
  1. 背抜きよりも裏地が少ないため、表地への摩擦などのダメージが増加する
  2. 形崩れがおきやすい

皆様の着用シーンや用途に合わせて裏地の仕様を選んでいただけたらと思います。

どんなことにもメリットやデメリットが存在するので、メリットのみを考えるのではなくデメリットも理解した上で選んでいくようにしましょう。

裏地素材のおすすめ

裏地にもスーツのように様々な素材があります。

これも素材で選ぶのか、柄などのデザイン性で選ぶのか大きくわかれてきます。

柄に関しては、完全に好みになってくるのでおすすめの素材についてご紹介していきたいと思います。

代表的な裏地の素材は、ポリエステル素材が一番多いのではないでしょうか。

値段も無料の物が多いと思います。

ポリエステルは、耐久性に優れており痛みにくい素材です。

そのため、夏のスーツにポリエステルの裏地を背抜きでつけ、毎日スーツを着るといった方にはおすすめです。

ポリエステルと同じぐらい代表的なのがキュプラ素材です。

オーダーでは有料でおつけできる裏地の物がほとんどかと思います。

キュプラのおすすめの理由としては、通気性に優れていること、ジャケットの脱ぎ着した際の静電気が起こりにくいことなどポリエステル素材のデメリットをメリットに変えてくれるようなことが多いです。

ただし、耐久性が弱かったり雨に濡れると乾きにくかったりしますので、最低限のお手入れは必要になってくると思います。

あとは値段も高価な物もありますので、着心地の良いものを仕立てたい!

裏地も光沢があってかっこいいものにしたい!といった方にはおすすめですので是非一度裏地はキュプラをお選びいただけたらと思います。

  • URLをコピーしました!
目次