こんにちは。

サルトクレイス 京都店です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のテーマは

休日の大人のドレスダウンにピッタリの靴

エスパドリーユ“の魅力について書かせていただきます。

5FF49B8B 1A50 4FAF A206 185828E21201 541x789 - 休日の大人のドレスダウン〜紳士や革靴を脱ぎたまえ。〜

そもそもエスパドリーユという靴は、

どういった靴のことを言うのか。

エスパドリーユとは、靴底の素材にジュート(麻)を使用し、靴の甲革(アッパー)がキャンバス地を使用した靴のことを指します。

E1A49C2C F494 4A6F 828A 134CB94F415A 549x789 - 休日の大人のドレスダウン〜紳士や革靴を脱ぎたまえ。〜

昨今では略して”エスパ”とも呼ばれていますね。

もともとはスペインやイタリアなどのヨーロッパ、特に地中海地方で誕生し、愛され続けてきました。

それが、数年ほど前に某ブランドによって、

コレクションとして打ち出されたことをきっかけに、火がつき

春夏のカジュアルシューズの定番として定着しました。

ベージュやグレー、オフホワイトなどのニュートラルカラー中心としたものが主流でしたが、

昨今ではメンズ・レディースを問わず、

柄モノやローファーなどによく見られるビット(金具付き)つきのものや、

タッセル付き、スエードやレザー素材までバリエーションも豊富になってきています。

3D847E16 3203 421C AAB6 5447ADA346C2 500x789 - 休日の大人のドレスダウン〜紳士や革靴を脱ぎたまえ。〜

上の写真のように、ニュートラルカラーをベースにコーディネートするが、靴底のジュートの色とも上手くマッチするので、非常にオススメです。

B5BD9619 A14C 43FB 927B 646B963C7461 523x789 - 休日の大人のドレスダウン〜紳士や革靴を脱ぎたまえ。〜

少し変わった色物のスーツでも落ち着いたネイビーのエスパドリーユを合わせれば、

上品かつ、エフォートレスな着こなしが出来るのではないでしょうか。

8B9EDFC7 6D2D 4F93 8059 50BD5A000924 581x789 - 休日の大人のドレスダウン〜紳士や革靴を脱ぎたまえ。〜
- 休日の大人のドレスダウン〜紳士や革靴を脱ぎたまえ。〜
E05F7B36 C15E 4D46 AC7D 00175F2A0509 499x789 - 休日の大人のドレスダウン〜紳士や革靴を脱ぎたまえ。〜

ジャケットを羽織らずとも、シンプルな麻の白シャツにスラックス、そしてエスパドリーユを合わせれば、休日の大人のドレスダウンスタイルの完成です!

52D66129 DDF4 4A88 A2F9 D1C177EC6D4A 472x789 - 休日の大人のドレスダウン〜紳士や革靴を脱ぎたまえ。〜

タイドアップした少しきっちり目の

ジャケパンスタイルですが、こちらも同様、

ベージュのエスパドリーユを合わせることで全体の雰囲気が柔らかくなり、程よく肩の力が抜けたようなモダンスタイルの完成です。

ドレスクロージングの世界では、

ドレスダウン手取り早い方法として、よくスニーカーを合わせることが推奨されていますが、

スニーカーは合わせかたによっては

少し子供っぽくなったり、単にスニーカーを履けばドレスダウンでしょ?感が強くなってしまって、全体の綺麗なシルエットを崩してしまう可能性も高くなります。

しかし、エスパドリーユではそのような雰囲気になることはほとんどないので、本当にこの春夏にオススメしたい、大人のドレスダウンにピッタリの靴でございます。

本日は以上です。

京都店 浦野