皆さまこんにちは。

本日も春の着こなしをご提案させていただきます。

前回に引き続き、今回も世界のファッショニスタのコーディネートをご紹介させていただきます。

本日はこのかた、

英国のファッションジャーナリストでもあり、氏が運営するメンズウェアウェブマガジンサイト’Permanent Style ‘ を立ち上げたこと

でも有名な

– サイモン・クロンプトン- 氏

CD377B23 7677 4536 BE9A 76ACD602408F 568x789 - 春の着こなし②

彼の着こなしは現在世界中で注目されています。それでは見ていきましょう。

7D23B563 B896 440E A07A 25D1F1E9767D 477x789 - 春の着こなし②

深いグリーンのリネンをベースとした春夏スーツスタイル。

弊社においてオーダーされるお客様もパットレスが多いですか、彼のようにパットをいれ、ビルドアップしたジャケットも昨今また注目されています。

AD5B1B9E 894F 4AAF B4B6 C0F4C2920535 499x789 - 春の着こなし②

フロントは定番の2つボタン、そして高めのゴージ、フラップポケットと永遠の定番スタイルでコーディネートされています。

F3ACFF42 56EC 462B 8D4E 190C729F1F4A 488x789 - 春の着こなし②

クラシックをベースにあくまでハズし過ぎないスタイルが彼のパーソナリティであり、真骨頂なのでしょう。

B5F9604D AC79 42CD 9208 DE7924D0E0C2 473x789 - 春の着こなし②
ウエスタンシャツをインナーに、
ノスタルジックなブラウン調のジャケット。
そしてアウターには今ではあまり見なくなったそとそ
一枚袖のミリタリーコート

現在でこそ、ドレス✖️ミリタリーの組み合わせは当たり前になり、ちまたに溢れていますが、彼の着こなし・提案は常に業界の第一人者であったのかもしれません。

729CB95A E5BD 44AD 9E91 71BD5C96D53F 658x789 - 春の着こなし②

業界への影響力も強い、サイモンさんの発言に後ろの鴨志田さんも 「うーん、そうだねぇー」と うなずいています。

20FD32AE E3CF 47B4 B9C1 C9B8E904B815 480x789 - 春の着こなし②

やはり英国人ゆえ、しっかりとパッドが入ったメリハリの立体的なシルエットがお好みなのでしょうか。

フォーマルの装いも天下一品です。

C53B99F5 ED68 4D6A 9449 F0A4E88BE0C9 499x789 - 春の着こなし②
858280C6 B01E 4B96 BDD5 F912F627136A 492x789 - 春の着こなし②

やはり世界のファッショニスタたるもの、小物にも拘りが多くありそうです。

シングルソールのハンドソーンウェルテッド仕立て、パーフォレーションの入った装飾性が強い、かっちりとしたデザインがお好みのようです。

裾の仕上げもダブル仕上げ、恐らく、5cm巾でしょうか。

このようにスラックスの生地がもつ本来のドレープをしっかりと出す為に、折り返し巾を少し太めにとるというのも、小さなことではありますが、重要なことなのかもしれません。

1FC904B9 0A5F 4134 9BD2 6366FDB89739 592x789 - 春の着こなし②

それでは本日はこの辺りで失礼します。