ゼニア生地のスーツが59,000円〜詳細はこちら

スーツの種類とスタイルを網羅!それぞれの特徴と違いを解説!

blank

スーツスタイルには様々な種類があり、種類やスタイルによって着用したときのイメージが変わってきます。

特徴や違いを知ることによって、スタイリッシュな着こなしができると思います。

今回はスーツの種類をわかりやすく解説していきます。

結論

スーツの定番スタイルは「イギリス・イタリア・アメリカ」の3つ

スーツの種類はジャケットの形とベストの有無で分類される!

90s ban ver1 - スーツの種類とスタイルを網羅!それぞれの特徴と違いを解説!
目次

スーツの種類【国別スタイルと特徴を解説】

スーツの定番スタイルとしてイギリス、イタリア、アメリカの国別に大別することができます。

それぞれ特徴があり、与える印象が変わってきます。

それぞれの国でどのような特徴があり、印象が変わるのか解説していきます。

イギリス

スーツの発祥であると言われるイギリスは硬派なスーツが多く、カチッとした印象を与えます。

・肩パッドの入った構築的な肩周り

・やや高めで絞られたウエスト位置

・ストレートパンツ

その他細かなディティールの特徴がありますがイタリアやアメリカのスーツと比べて大きな特徴になるのが以上の3点です。

構築的なスーツなので着用者の体型に左右されにくく、きれいなシルエットを作ることを得意としています。

構築的な肩パッドと用いられることの多いビルドアップショルダーによってボリュームのある肩から絞りこまれたウエストにかけて逆三角形のシルエットを作ります。

絞られたウエストからジャケットの裾にかけてはフレアしていき、三角形のシルエットを。

ジャケット全体で砂時計型のシルエットを描くことでたくましい肩周り、胸周りを彷彿とさせ、絞り込まれたウエスト、裾にかけてフレアしていくことでどっしりとした下半身のためのシルエットを作ります。

ズボンはゆとりがとられており、膝下はストレート気味のシルエットです。

股上も深めでジャケットを脱いだ状態でも腰位置が高く見えるようなバランスになっています。

人間の体そのままよりスーツでより美しく見せる、そのための工夫がされているのがイギリススーツの特徴です。

知的といった印象を与えることができ、威厳を感じさせるスーツスタイルです。

イタリア

イタリアのスーツは地方で特徴が異なっており、一概にこうだと説明することができません。

ただ、イギリスのスーツを取り上げていますのでこれと対局的な特徴をもつイタリアスーツの特徴を取り上げます。

何と言っても特徴的なのが柔らかいこと、軽いことです。

構築的なシルエットを作るためイギリスのスーツが、重くなることへのアンチテーゼとも言えます。

・肩パッドのない柔らかなショルダーライン

・着丈や股下丈が短く軽やかなバランス

2点を押さえると問題ありません。

スーツでシルエットを作る必要はなく、人間本来のラインを出します。

全体的に曲線的なラインが出るので柔らかい印象になります。

用いる生地も柔らかめのものが多いです。

ジャケットの着丈はやや短く、ズボンの股下も短め。

特にズボンは足首がやや見える程度の長さで素足で靴を履いているかのように見せることも。

ただこのままではおしゃれではあるもののややカジュアル過ぎることも。

特にビジネスシーンであれば、足首が見える範囲には要注意。柔らかい雰囲気を出しつつ適度に引き締める必要があります。

スーツスタイルでおしゃれな印象を与えたいのであればイタリアスタイル一択と言えます。

ただし、TPOに合わせてカジュアル過ぎないように注意を。

アメリカ

アメリカのスーツの特徴と言えば、合理性や大量生産が挙げられます。

・絞り込みのないジャケット

・太いパンツ

イギリスやイタリアのスーツと大きく違うのが上記の2点です。

一つのサイズでより多くの人が着ることができるように作られています。

そのためウエストの絞り込みがなかったり太めのパンツになっています。

ビジネスウェアの側面が強いので着心地の良さが重視されているのも要因の一つです。

寸胴な印象になるのでスタイルアップなどは難しいです。おおらかな印象を与えることができます。

肩幅はしっかりと合わせる、スボンの丈が長すぎない、短すぎないようにするなどしないとサイズの合っていないスーツを着ている印象を与えるので注意が必要です。

それぞれの国の特徴で印象が大きく変わるので着用シーンによって使い分ける必要があります。

ビジネスシーンで知的な印象やしっかりとした印象を与えたいのであればイギリスのスーツ

おしゃれなスーツであればイタリアのスーツ

着やすさを追求するのであればアメリカのスーツ

と使い分けましょう。

スーツの種類【デザイン別にくわしく解説】

スーツのデザインに着目し、その種類と特徴を解説します。

ジャケットの形とベストの有無で分類します。

シングル

現在最も馴染みのある形です。

ジャケットの前部分のボタンが縦に1列で並んでいるものです。

ボタンの数によっても印象が変わります。

2つボタン1つがけ

ビジネスシーンなどにおいてスマートな印象に見せたいのであれば、ボタンが二つあり、上の一つのみ留める形がおすすめです。

Vゾーンが深めで細身に見せやすく、スッキリした印象に。

スタイルを良く見せやすい形で万人におすすめできます。

特にこだわりがない場合などは2つボタン1つがけにすると間違いないでしょう。

3つボタン段返り

3つボタンのスーツと聞くと首元の詰まったスーツを思い浮かべると思いますが、段返りのジャケットは三つあるボタンのうち真ん中のみを留めるジャケットです。

Vゾーンは2つボタンよりも浅く、3つボタンのものより深くなります。

やや着崩している雰囲気が出るので柔らかい生地との相性がよく、かっちりしすぎないスーツスタイル、ジャケットスタイルとの相性がいいです。

近年ではオーダーで仕立てる方も増えましたが、まだまだ少数です。

おしゃれな雰囲気を出したい方やかっちりし過ぎたくない方におすすめです。

3つボタン2つがけ

かなりかっちりした印象になるのが3つボタンの2つがけです。

Vゾーンがかなり狭く、隙が少ない印象を与えます。

また、やや古臭い印象も持つ方も多いため選ぶ、オーダーする際にはジャストサイズ〜やや細身のバランスで着ることがおすすめです。

かっちりとした印象が強いためネクタイなどは遊び心のあるものを合わせると全体でバランスがとりやすいです。

新入社員などであれば特別な理由がない場合には選ばないほうがいいです。

1つボタン

ボタンが一つだけのジャケットです。

フォーマルな印象も与えるスタイルです。

Vゾーンは広いので、2つボタン1つがけと比べると華やかさを持ち合わせます。

冠婚葬祭で着用するのがおすすめです。衿の形をピークドラペルにするとより華やかになります。

一般的なビジネスシーンではあまり適していなので結婚式やパーティーなどに着用するのがおすすめです。

ダブル

ボタンが2列になっているダブルブレスト。

シングルと比べると重厚感が出るのが特徴的です。

シングル以上にバランスで印象が大きく変わるので、注意を払う必要があります。

6つボタン2つがけ

ビジネスシーンのダブルで多く見るのが6つボタンの2つがけです。

ボタンを留める位置がやや高めなので絞り込まれたバランスであればスタイルをより良く見せることができます。

シングルより重厚感があるため、威厳を出すことができます。

4つボタン1つがけ

6つボタン2つがけよりボタンが1段少なく、Vゾーンがやや広めになる4つボタン1つがけです。

6つボタンほどかっちりしすぎないデザインです。

留めるボタンの位置によって雰囲気が大きく変わり、ボタン位置が低くなるとかなりリラックスした印象になります。

ダブルのスーツに興味があるけどかっちりしすぎるのは、、、という方におすすめです。

スリーピーススーツ

ジャケットとパンツのスーツスタイルにベストを加えたスタイルです。

結婚式やパーティーなどのフォーマルさが必要な場面を始めとしてビジネスシーンなど広く着用されています。

ベストとパンツが繋がり、一体感が生まれることでよりスタイルアップを期待することもできます。

一体感のためにベストとパンツの間にシャツやベルトが見えないようにすることがスリーピーススーツをよりかっこよく着こなすためのポイントです。

まとめ

今回はスーツの種類やスタイルについてご紹介させて頂きました。

スーツはデザインやバランスによって与える印象が大きく変わります。それぞれのデザインにどういった特徴が適した場面着るとよりいいでしょう。

こだわりのスーツをご検討の方は是非とも弊店までお申し付けくださいませ。

blank
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
戻る
目次
閉じる