ゼニア生地のスーツが59,000円〜詳細はこちら

ガリガリはスーツが似合わないと言われる理由と細身男性はオーダースーツ一択な理由!

blank

ガリガリはスーツ似合わない…スーツに着られているように見える。

と悩んでいる細身男性が多いと思います。

スーツが似合う体型になるために体重増やしたり筋トレをしようと思っている人もいるでしょう。

そんなことをしなくても、自分の体型に合ったスーツを着用すれば細身男性でもかっこよくスーツが着こなせます。

この記事では、ガリガリ・細身男性が似合うスーツの選び方や着こなすためのポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

結論

細身男性でも自分の体型に合ったスーツを選べば似合う

細身男性はスーツの着丈・袖丈・パンツのバランスに注意が必要!

90s ban ver1 - ガリガリはスーツが似合わないと言われる理由と細身男性はオーダースーツ一択な理由!
目次

ガリガリ・細身男性はスーツが似合わないと言われる3つの理由

スタイリッシュな細身の男性と聞くと何を着ても似合うような印象ですが、いざドレスクロージングの「スーツ」となると、ある程度制限が出てしまいます。

今回はガリガリで細身の男性がなぜスーツが似合わないのかご紹介します。

ガリガリ・細身男性の体型に合うサイズのスーツがない

既製品は誰が着てもある程度、格好の付くサイズパラメーターを展開しているので極端に細身の男性ではなかなか満足する1着に辿り着けないのが現状です。

一方でターゲット層を絞り込んだデザイナーズブランドではコストもかかり、初心者には現実的ではありません。

こういった事実がビジネススーツとなると尚更オフィシャルをイメージして製作されるので非効率でなりません。

体重・筋肉がなくてスーツを着ても頼りなさそうに見える

英国文化が根強い日本スーツの特徴は下衿のボリュームに張りが出て、男性らしく構築的なスーツの方がお似合いと言われる印象が強いです。

ですので体格が貧相な男性はどうしても頼りなく見られてしまう傾向にあります。

身体に合うサイズがなくてスーツが着られているように見える

肩幅の問題だけでなく、袖丈や着丈の長さのズレは圧倒的に終了です。

時間がなく既製品で購入された場合は必ず着丈と袖丈のバランスも調整してもらいましょう。

視覚的にスーツが着られているように見えるのはそこが大きなマイナス要因になっております。

ガリガリ・細身男性はオーダースーツ一択な3つの理由

時間と納期に余裕があれば今回はオーダースーツをおススメします。

その大きな理由を3つご紹介します。

自分にあった体型のスーツが作れる

自分にあったスーツとは一体何でしょうか。

サイズ感だけでなく視覚的な雰囲気などもとても重要になります。

生地から相談し職種やなりたい自分、全てにおいてヒアリングを重ねて製作するスーツはやっぱりオーダーが一番有効なツールになります。

 スーツに似合う体型になるために体重を増やしたり筋トレをしなくていい

スーツが似合うためだけを目的としたカラダ作りはかえって危険な状態に陥る事もあります。

無理な体重増加やトレーニングは長年の経験値が必要になりますので程よい肉付きであれば問題ありません。

ご自身が一番力を発揮できる体重の維持さえ努めればオーダーをしても何度もお直しをする必要もありません。

体型に合ったスーツを着ることによって自信が持てる

これはスーツをオーダーする皆さんの共通のマインドではないでしょうか。

「着心地が良いスーツ」と「心地が良い」スーツは全く別物で、化学繊維や合成繊維で織られた軽素材のスーツはとても軽く着心地は良いかもしれません。

一方で心地が良いスーツは製作者の背景や、見えない箇所まで細かな技術が着用する側にも伝達され、誇らしく自信が持てるようになります。

昨日よりは今日の自分が進歩する様に心がけて拘りをもってオーダー製作に挑みましょう。

ガリガリ・細身男性がスーツを着こなすためのポイントを紹介!

ガリガリさんや細身の男性がスーツを正しく着こなすにはまず視覚的な箇所をよりスマートに見せるように心がけましょう。

着丈

着丈は長すぎず短すぎない中間のバランスが大切になります。

人体の骨格や肉付きはそれぞれ人によって大きく違いますが実質的な算出では

総丈(O点~かかとの先端までを計測)÷2=正統派にお尻が隠れる長さ。

総丈÷2-2cm~3cm=ファッションをやや取り入れた長さ。

総丈÷2-4㎝~5㎝=短丈と呼ばれるスポーティーな長さになります。

このように感覚だけではなく数値化された裏付けも覚えておくと製作の段階で大変便利です。

袖丈

インターネットではよくシャツの袖先が1cm~1.5cmほど見える長さが正解と記されております。

もちろん間違いではありません。

もう少し掘り下げると着丈の最終数値が決まってから袖丈を決めたほうが良いです。

スーツに対する仕上がりの感度と全体のバランスを崩さないためにも間違いない方法かと思います。

着丈が正統派な数値に対して袖丈はややファッション性を取り入れた長さですと絶妙にアンバランスになりますので、正しく着こなすためのポイントとして捉えておくと良いでしょう。

パンツ

最後に一番難しいのがパンツの見せ方になります。

洋服のスタイリングを決めていく基本的な順番としまして靴→靴下→パンツ→ジャケットの流れで下から組んでいきます。

小さすぎても無駄な皺が多数入り少し安価で幼い印象を与えてしまいます。

また大きすぎてもクラシックなスーツスタイルが浸透していない一般のビジネスユーザーには届きにくい印象です。

結論から言いますと細すぎず大きすぎない数値でオーダーすることをおススメします。

細身の体型が顕著に出ないような適度なゆとりの数値で仕上げるということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

細身やガリガリの体型の方はやはりあらゆる選択肢が無くなるため、オーダーする方が良いと言えます。

サルトクレイスでは、ガリガリ・細身男性でも似合うスーツを仕立てることができます。

お身体のコンプレックスを感じさせないスーツ作りに定評がありますので、お悩みの方は、ご相談いただければと思います。

blank
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
戻る
目次
閉じる