皆様こんにちは!

オーダースーツサロン サルトクレイス 谷町本店です(^^)

 

2019年10月そろそろ終わりに近付き、気温はグッと下がって参りました。

結婚式シーズンですね!

来月には11.22 いい夫婦の日も控え、ブライダル業界は大忙しです!

 

そして、我々オーダースーツ業界、特に当店は式典需要のオーダースーツが多く、

この時期、よくお客様に聞かれる事。

 

「このスーツで結婚式行っても大丈夫ですかね…?」

「結婚式用にスーツ作りたいのですが、どうしたらいいですかね…?」

 

本当に多いです!

「もちろん!我々の得意分野です、任せてください。」と、いつもお答えしてます。笑

やっぱり不安ですよね。

オシャレにしたいけど、失礼に思われるとダメだし…

 

皆様からよく聞かれる事、この場を借りて、ご説明を致しますね(^^)

 

 

 

Case.1 やっぱり、ブラックスーツですよね?

 A. 「いいえ、必ずしもそうではありません。」

 

本当によく聞かれる質問の一つです!

大学生や20代前半の方、結婚式に初めて呼ばれた方は、正直わからないですよね(^^;)

「だって、行ったことないんだもん。」

そう、わからなくて当然です。

 

今の時代、ググれば何だって情報が出てきます。

でも、あまりに情報が多すぎて、、とか、

おススメはこれ!と楽天市場のネクタイがリンクが貼り付けられていたり、、笑

 

このサイトではOK、このサイトではNGと、、回答もバラバラに…

情報が多過ぎるあまり、取捨選択に困ります。

 

 

結論としては、ブラックスーツ以外でもOKですが、、、

少し言い方を変えると、ブラックスーツを着ておけば間違いありません!!

 

「新調する暇がないーーー(´;ω;`)」と、昨日仕事に着て行ったスーツを着て行くと、

新郎新婦は気にしなくても、ご親族の方に、

「なに、あの子のスーツは… 式場からつまみ出しなさいッ!」 ㊟フィクションです。笑

不快に思わせるような事は、、、お互いに避けたいですよね(^^;)

 

とりあえず! 黒の無地を着ておけば、問題ありませんよ(^^)

 

 

 

 

Case.2 チェックのスーツでもいいですか? ストライプが入っててもいいですか?

 A. ストライプはともかく、チェックは辞めておいた方がよろしいかと思います…

 

こちらも、多いご質問の一つです。

 

まず初めに、[①挙式から参加する] or [②二次会から参加する] どちらかをお聞きしております。

②の二次会からご参加の場合は、 極論、、、【何でも有り】です!!笑

ご親族の方は基本的に来られませんので、羽目を外しすぎない程度にオシャレして行きましょう!

 

①の挙式からの場合、無地以外はあまりおすすめ致しません(><)。

もちろん、新郎新婦様との関係性、式場の雰囲気を知らない私の一意見なので、全てに当てはまりませんが、

【新郎より目立ってしまうスーツ】は絶対にNGです、チェックスーツだと、その可能性が格段に上がります。

 

「ストライプだったらいいの?」って方もいらっしゃいますが、

[良い] or [悪い] ではなく、[好ましい] or [好ましくない] というニュアンスになります(^^;)

上記の表現を用いてご説明すると、挙式からご参列の場合は、好ましくありません。

 

柄物のスーツでも、シャドー系(光の加減で薄っすら柄が浮き上がるもの)ですと、

比較的無地に近い様な印象になるので、派手さも多少緩和出来るかと思います。

個人的な意見として、欲を言えば、、、 無地を着てほしいです。笑

 

「どうしても、派手に行きたい!」という方は、細かい情報を教えてください(^^)

・挙式会場

・おおよその参加人数

・新郎新婦との関係性、友達歴

などなど、情報があれば、よりギリギリを攻めることが出来ると思います。

※大前提、” 派手なスーツ “ というご認識はお忘れなく。笑

 

 

 

 

Case.3 ネイビースーツで行きたいんですけど、、、

 A. ダーク系なら基本的には問題ありません。

 

濃紺無地のスーツ。

正直、万能です、万能すぎます。。。

3割バッターが、10勝挙げちゃうようなもの、スーツ界の大谷翔平くんです。笑

 

ビジネススーツとして業界を問わず着用が出来、フォーマルシーンにも抜群の安定感、

シャツやネクタイ、パンツのコーディネートでカジュアルダウンも出来る、、、

一家に一台レベルで必要です。笑

 

 

 

具体的には、”ミッドナイトブルー” とか、”濃紺”  “鉄紺” とか、言われるカラーです。

上から、ブラック/ミッドナイトブルー/ブルーグレー/サックスブルー

 

 

 

今回のテーマとしては結婚式用なので、ドレススーツと考えると

同じ “ミッドナイトブルー” でも、光沢感があれば尚良しです(^^)b

 

ただ、同じネイビーでも、明るめのトーンは避けた方が良いかもしれません。

トーンが明るくなれば、季節感が春夏寄りに限定されてしまったり、、

少し軽い印象になり、カジュアルに映る可能性もあります。

 

ひとえにネイビースーツと言っても、断然!ダークトーンをおすすめ致します!

 

 

 

Case.4 受付、乾杯の音頭、友人代表スピーチをするのですが、オシャレなスーツを着て行きたいです。

 A. とても良い心掛けです!

“ミッドナイトブルー”のスーツに白シャツ、ネクタイとチーフで少しだけ色を入れましょう。

 

 

皆様も、こんな光景を目にした事はありませんか?

 

・昔の同級生とワイワイしてる中、お調子者の彼が大人しく座っている。

・酒好きの彼が、料理はおろか、お酒も飲まず、大人しく座っている。

・とにかく大人しく座っている。笑

 

恐らく、[乾杯の発声] や、[友人代表スピーチ] など、これから大役を迎える為、

緊張で、とにかく大人しく座っています。 その時が来るまで。笑

 

かく言う私も、大のビール好きです。

結婚式では、ビールにワインと、たらふくお酒を頂くのですが、、

友人代表スピーチを頼まれている時は、、、役を終えるまで緊張でビールが美味しくありません。笑

 

これまで3回させて頂きましたが、慣れては来るものの、何度やっても緊張します…笑

そんな緊張感と共に、服装の心配、スーツの心配までしたくありません!!!笑

 

 

「人前に立つので、少し華やかに」という心掛けは大切です。

 

「スピーチするから間違いないブラックスーツで行こう。」と、

・ご実家まで帰り、クローゼットから就活の時に着ていたスーツを引っ張り出そうとしている方!

・ご自宅のクローゼットから礼服の防虫カバーを外そうとしている方!

 

もし、もしですよ? もし、可能であれば、スーツを新調しませんか?

 

 

新郎から、「 スピーチ or 乾杯 はお前しかいないぜ!よろしく!」と頼まれているはずです。

当日、披露宴会場で新郎新婦が入場します。

きっとあなたは、こう思います。

スン、スンスン(ノд-。) (友よ、最高に格好いいぜ。。。オレのスピーチを聞かせるぜ。)

 

 

楽しい事、苦しい事も共有してきた友達が新郎として、一生に一度の晴れ舞台の中心に立っています。

その新郎の顔に泥を塗るような、くたびれたスーツは、、、新郎が可哀想です。

 

 

【クタクタ、ヨレヨレのスーツの場合】

新郎  (おいおい~、なにそのスーツ。。。ボロボロやんけ~、、、)

「スン、スンスン(ノд-。) でもさすが、、、いいスピーチやなぁ~…泣」

 

【ミッドナイトブルーのオーダースーツの場合】

新郎  (おっ!今日はビシッと決めて来てくれたな!)

「スン、スンスン(ノд-。) おまえ、、、やっぱり最高やな、、心の友よ。泣」

 

すみません(‘◇’)ゞ

終始ダサくて大げさですが、、、、高確率でこうなりますよ。笑

 

新郎新婦はもちろん、ご親族の方にも、「新郎は、いい友人に恵まれているなあ~。」と、

会場全体が非常に良い空間となります。

乾杯の音頭と、スピーチ、もちろん内容も大切ですが、スーツ、見られてますよ?

受付も、、、その日一番初めの窓口、顔となります。

 

クタクタ、ダメ、ゼッタイ!

 

 

“ミッドナイトブルー”の無地で、体に合ったオーダースーツを1着お仕立てする事をおすすめします。

 

 

 

Case.5 1か月後に結婚式に呼ばれています。間に合いますか?

 A. 間に合います。 (※時期によります。)

 

 

通常1ヵ月間、製作期間を頂いております。

受注量によって、スケジューリングは異なりますが、原則は1ヵ月でお納めするようにしております。

 

・スリーピースでのご注文

・ブラックレーベルでのご注文

・海外から取り寄せ生地でのご注文

 

上記のようなケースですと、約1週間程プラスで納期を頂戴しております。

 

ご予約の際に、ご着用日とご納品での来店可能日をお知らせください(^^)

 

 

 

【小物編】 ネクタイ、ベルト、靴のカラーはどうすればいいの?

 

「○○君の結婚式、このスーツを着て行くんだ!」と決まっている方でも、

ネクタイやベルト、靴やカバンなど、小物までキッチリ決まっていますか?

 

小物のカラーリングも非常に重要です、むしろ、ここで外してしまうと

せっかくミッドナイトブルーのオーダースーツを新調したのが台無しに…

(いつまでもミッドナイトブルー推しです。笑)

 

ネクタイ編

 

「結婚式って、何色のネクタイをして行けばいいの?」

 

1.黒

結婚式では絶対に避けるようにしましょう。

お葬式など、お悔やみ事に用いられるカラーとなります。

 

2.シルバー

大多数の方がシルバーを選ばれており、近年の主流ですね!

まず、シルバータイであれば間違いありません。

 

◆結婚式のド定番、絶対に外さないシルバータイ

 

 

3.赤、ワインレッド

ややカジュアルな結婚式であれば、華やかさも増してGood !!

ただ、ご年配の方が多くいらっしゃる場合、控えた方が良いかも知れません。

良い印象を与えない場合もあります。

 

◆赤、ワインレッドのアクセント

 

 

4.白

少し、ご年配向けのカラーです。

今の時代の結婚式では、シルバーが代用カラーとなります。

 

5.ストライプやチェックなどのジャガード

赤同様、NGではありませんが、万人受けはしません。

基本的には “ビジネス感を無くすこと” “非日常的な空間に相応しいこと”を意識しましょう。

 

結論として、地味過ぎず派手過ぎず、その場に馴染むようなカラーである事、

スーツの色味にマッチしているかを意識して選びましょう。

 

 

 

ベルト、シューズ編

 

これは黒で合わせることをお勧め致します。

 

◆結婚式、ド定番ベルト

 

 

ブラウンや他のカラーはどうしてもカジュアルに見えがちです。

 

NGなのは、クロコやアニマル柄などの生き物モチーフの物。

“殺傷”を連想させるアニマル柄などは避けましょう。

 

 

カバン編

 

男は手ぶら!それが一番です!笑

最小限、持ち物を減らしていくことをお勧め致します。

 

・スマートフォン

・お財布ではなく、マネークリップに最低限のカード類

・ご祝儀

 

以上、ミニマリストで臨んでください。笑

 

 

お仕事用のカバンのまま、って状況は出来るだけ避けたいですね。

スマートに、クラッチバッグなんかいかがでしょうか。

 

 

 

最後に。 結婚式にゲスト参列する際の心得として。

 

結婚式に出席するのは、ほとんどは20代~30代のうちです。

もちろん、職場の後輩の結婚式など、

40代以上になっても、その方のお付き合い次第で、多い少ないの差は出て来ますが。

 

若いうちは多めに見られても、年齢を重ねるほど、冠婚葬祭においてのマナーが問われます。

今でこそ、何事もカジュアルな時代になってきましたが、やっぱり大人は大人。

 

【受付時間に遅れない事】

新郎新婦にも、「○○様がまだお見えになっていません…」とスタッフさんから伝えられます。

緊張しながら、準備をしている新郎新婦に、余計な心配はかけないようにしましょう。笑

 

 

【酔っ払い過ぎない事】

泥酔してまうと声が大きくなったり、、、常識ですね!笑

 

 

【他の参列者様にも気を遣う事】

例えば、トイレ。

結婚式って、トイレに行くタイミング。限られてますよね。

ご親族の方と一緒になんて事もしばしば。

会釈や、「おめでとうございます。」など気配りが出来れば、いいですね(^^)

 

披露宴会場でタバコを吸える訳がありませんので、

愛煙家たちはフリータイムになると、必ず喫煙所へ向かいます。

たとえ、どれだけ遠くても、暑くても寒くても、必ず向かいます。笑

 

途中暗転している時に、席を離れたりする方も稀にいらっしゃいますが、

どうしても目立ってしまいますので、少し我慢しましょう。

 

 

 

結婚式って、招く方はもちろん、招かれる方も、一仕事です。

適度にハメを外して、めいっぱい楽しみましょう。

 

皆様の幸せをお祈り申し上げます。

 

 

オーダースーツサロン

SARTO KLEIS 谷町本店

近藤