いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
大阪・京都のオーダースーツサロンサルトクレイスです。
大阪谷町本店よりお届けします。

2020年にも慣れてきました。
書類などに記入する際に間違うことがようやく減ってきました(かと思えば日付を間違える始末…)
もうオリンピックが待ち遠しいですね。テニスが個人的に特に楽しみです。

さて、昨年平成から令和になりました。それで何か劇的に変わる訳ではありませんが段々と変わっていくことは間違いないでしょう。
アパレルではどのような変化が待っているでしょうか。

カジュアル化が進む

ビジネスウェアの変化として予想されている(希望している人も多いのでは?)カジュアル化ですね。
スーツに対して窮屈だったり、家で洗濯ができなかったりでストレスを抱えている人は多いことと思います。反論することもできますが、それは別の機会に譲ることとします。
メディアに出るイケてる社長や会社が私服での仕事であれば若い人はそこに憧れ、私服で働くのが良いと思うでしょう。
優秀な学生や転職活動をする人が多くなれば、市場も私服で働くようになる企業も増えるでしょう(業種的に絶対にそうならないであろう職もあると思いますが)
ここで注意しないといけないのがカジュアル化と言っても100%カジュアルはやりすぎになること。

スーツスタイルをドレスダウンする

ビジネスウェアのカジュアル化と言ってもその度合いが会社によって違っていたりするのがややこしい。クールビズは服装規定の表がありますが、カジュアル基準の表はあるのでしょうか。

堅苦しさをなくす

スーツスタイルにある堅苦しさをなくしたいがきちんとした雰囲気は崩したくないという方はスーツの素材感と色、柄に注目。
基本的なスーツスタイルはネイビー・グレーになり時々ブラックになります。特にこれらの色が堅苦しい印象を与えるのでブラウンやグレーンを使ってカジュアルダウンします。

DSC 0692 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
ネイビー・グレーと比べてカジュアルにしつつも大人っぽさを失わない
DSC 0694 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
色合いからしておしゃれ間違いなしなグリーン

これでガチガチのスーツスタイルではなく、少しカジュアルな雰囲気にすることができます。これらの色でも明る過ぎなければ崩しすぎることもありません。
色はネイビーやグレーが良いという方には素材感で。春夏ならコットンやリネンなどの素材、秋冬ならフランネルなどを使うと同じネイビーやグレーでも柔らかい雰囲気にすることができます。

DSC 0696 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
ウールと違った風合いがたまらないリネン生地は夏の心強い味方
DSC 0699 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
これなら寒さもなんてことないフランネル
ほぼ黒に見えるネイビー
FOX BROTHERS

季節感も出ますのでおしゃれなオーラを出すこともできます。また、これらの素材は使い込んで行く内により身体に馴染んていくのがわかりやすいでしょう。リネンは特にシワが目立つの要注意ですが、ジャケットのみで作るのもおすすめです。
後は柄ですね。少し崩す時におすすめなのがグレンチェックです。クラシック回帰のトレンドもあって各メーカーが多く取り揃えているので特におすすめです。また、ジャケット・パンツとそれぞれ単品でも使いやすいので普段のカジュアル着として使ったり、ジャケパンスタイルとして活用したりしやすいのもポイントです。

DSC 0701 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
伝統的柄のグレンチェック
明るめの色の春夏仕様

クラシカルで伝統的な柄なので、ベーシックなものを選べば流行り廃りの影響を受けにくいのも嬉しいです。

サイジングで工夫

もう少し細かいポイントに着目すると少しリラックスした雰囲気にするサイジングで。
ポイントはゴージと着丈です。
着丈も短めの着丈ではなく、お尻をしっかりと隠した着丈にすることでジャケットにボリュームが出てゆったりとした雰囲気になります。
ゴージはトレンドによって角度と位置が変わります。近年これが高い位置にあり、角度が大きい場合が多いのでこれを低い位置で角度を小さくすることでリラックスした雰囲気に。
共通しているのがクラシカルでデザインであること。だらしなくならないように上手にリラックス感を出します。また、袖はスッキリとしたシルエットにすることでだらしなく見えません。

脱スーツするなら

「脱スーツ」と聞くとすごくカジュアルな服装をイメージしそうですが、

つまり、要注意ということです。
そもそもスーツとは揃いの服のこと。まずはそこから脱しましょう(私服には見えやすい)

ジャケパンスタイル

まずはジャケパンスタイルから。ジャケットとパンツが異なるスタイル。ここで頭を悩ませるのが色合わせです。スーツは一緒のものを合わせておけばよかったところを別々にするのだから…。
簡単に解決する方法が紺のジャケットとグレーのパンツを用意すること。
これだけです。特別おしゃれに目覚める訳でなければこのコーディネートでOKです。
差別化ができない⁉
そこは素材感や色の明るさ、柄(パンツがおすすめ)で変化をつけると良いです。
王道から始めることがおしゃれさんへの最短ルートです(職場でおしゃれが必要かは知りません)

IMG 08841 scaled e1579861184460 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
王道にして鉄板の合わせ
IMG 08831 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
少し優しい雰囲気のネイビーとウィンドーペンのグレー
DSC 0702 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
春夏向けの明るめのネイビー
DSC 0706 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
伝統的で普遍の柄

夏の対策-クールビズ-

日本の夏はやってらんないというくらい暑いですよね。特に外回りの営業の方などは特にだと思います。
言い換えるとジャケットなんて着てられるか‼
と勝手に思っていますが、個人的にはジャケットを着て欲しいです(リネンとはコットンを活用して)
まぁ、現実的にクールビズの影響もあり、シャツになることが多いでしょう。

DSC 0657 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
スッキリ見えやすいワイドカラー
DSC 0659 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
ノーネクタイでもしっかりと襟が立つボタンダウンシャツ

できれば長袖で暑ければ袖まくりが良いのですが注意点は襟(カラー)です。ネクタイを締めない方が多いと思いますので、カラーはワイドカラーやボタンダウンがおすすめです。ネクタイを締めない時の開きがきれいなので。
リネン素材もおすすめですし、ポロシャツにも使われる鹿の子も涼しげに使えるので大変おすすめです。

秋冬のカジュアルコーデ

クールビズ程浸透していないウォームビズ。
こちらはニットを使うこともイメージすると良いでしょう。
おすすめはタートルネックニットです。黒があると合わせやすいですし、ブラウンのフランネルなどと合わせて頂くと渋さ溢れる大人のコーディネートになります。ニットとスラックスのみでもOK

IMG 08821 scaled e1579859453180 789x789 - 大人カジュアル着てみませんか?
渋い印象のジャケット生地
グレーのパンツなどに合わせてほしい

他にはインナーダウンを活用する方法がありますね。暗めの色を使うとダウンの継ぎ目も目立ちにくいのでおすすめです。スリーピースのような印象になるので崩しすぎた印象になることもありません。

ショップ店員をフル活用する

ここまで包括するとよりややこしくなるということです。
服装が本当に自由であれば問題ないのですが、実際には清潔感が求められたり、一定のドレスコードが求められることが多いです。今回紹介させて頂いたスタイルが基準になるでしょう。

  • 素材・色・柄で崩す
  • ジャケパンスタイル
  • クールビズ
  • ウォームビズ(ニットやインナーダウンの活用)

インターネットで調べたり、詳しい友人に相談したり、最終的には信頼できるスタッフに相談すること。こうしたい、これはどうかななど気軽に相談頂くのが一番です。思わぬ提案があるかもしれません。
服装、特にビジネスウェアが多様化していくであろうこの先、バランスをとっていくことが極めて大変で重要になります。

サルトクレイス谷町本店

オーダースーツサロン
SARTO KLEIS(サルトクレイス)谷町本店
営業時間 月曜日 - 日曜日 11:00~20:00
大阪府大阪市中央区糸屋町1-2-3
TEL:06-4790-5551

ja - 大人カジュアル着てみませんか?

谷町店詳細

サルトクレイス谷町店 髙橋