意識高そうなタイトルを付けてしまいすごく自分にがっかりしていますがまあいいや。

先日フライト中機内で久々にまたこの映画を観ていた(以前ののフライトとは別のフライトだよ)

“アリー/スター誕生”と迷ったが最近観たばかりだったし

通路を挟んで左斜め前の殿方が”アリー/スター誕生”を観ていた。

ぼくは右目(自分の席)で”オーシャンズ8″を左目(斜め前の殿方)で”アリー/スター誕生”を観ることにした。

まー実際にはしっかり両眼で7割”オーシャンズ8″、時々”アリー/スター誕生”だった。

 

オーシャンズ8も昔観たことがある。

劇場とストリーミングで2回。

2回も観といてなんだが正直中身は薄っぺらいと思う(かっこいいオネエちゃん達がダイヤモンド盗むだけやん…)

ただ単純に絵的に好き。

フライト中、垂れ流しとくにはgood。

 

で、、、。

ぼくがこの映画を観る理由の10割に相当するんだけど、

ケイト・ブランシェットがね。

もーね。

かっこええのよ。

あの低めの声質とあのオーストラリア訛り??(違ったらごめんなさい)

やっぱりぼくの性癖にグサグサ刺さる(毎回ぼくの性癖が1つずつ晒されてく)

 

ぼくは映画は必ず1人で観に行くんだ。

ピンとこなかったら序盤10分以内でもすぐ退出しちゃう。

そんなぼくを心臓を鷲掴みするだけのストーリー性と内容の濃さはない。

でもぼくはキャセイパシフィック航空55H席での3回目の視聴を決断した。

ケイトねえさんの声とロックテイスト全開の装い。

好きです(これでぼくのゲイ疑惑は拭われますか?)

View this post on Instagram

Spotted. Two of the baddest in the game. #Oceans8

A post shared by Ocean’s 8 (@oceans8movie) on

ちなみに一番好きなシーンは

サンドラ・ブロックが喫茶店ぽいところで「ほら食えよ」ってフォークを差し出して

ケイト・ブランシェットがお口あーんしてモグモグするとこ(これでぼくのゲイ疑惑は拭われますか?)

View this post on Instagram

Keep it real or keep it moving. #Oceans8

A post shared by Ocean’s 8 (@oceans8movie) on

↑ちょうどこの後に続くシーンなんだけどね

 

そもそも本家?というか元祖オーシャンズシリーズもぼくにはあまりハマらなかった。

でも本作はそういう性癖上の理由から3回観ることとなった。

でもほんとにケイト・ブランシェットの日替わりロックテイスト定食を観るだけでも十分楽しめると思う。

ペタペタ写真を貼ろうか考えたがやめとく。

各々観て確かめて欲しい。