こんにちは。サルトクレイス京都店です。

本日はオーダースーツの中から「レディース」についてお客様から事前アンケートを取り、お悩みや、スーツを購買するにあたってのお悩みなど頂きました。

また京都店でも昨今の女性のオーダースーツ需要が伸びておりますので、考察も含め記述致します。

街ではたくさんの洋服が売られていますが、フォーマル、ビジネス、カジュアルなどの用途別にみるとどんな内訳になっているのでしょうか。紳士服の場合は若い世代向けではカジュア

ル比率がかなり高いし、年配向けではビジネス比率が高そうです。

売上高、販売点数、販売面積のいずれで見るかでも違うのでしょうが、ざっとデパートなどの紳士服売り場を思い起こすと、ビジネス衣料は売り場の半分くらいを占めているように見えますよね。

images 2 - レディースのオーダースーツに力を入れる理由。

男性用の場合、デパート以外でもスーツ専門店(ロードサイド店)が全国にありますし、ブランドの路面店でも、会社で着られるスーツやシャツ、コートのコレクションは豊富に揃いますよね。

 

しかし、女性用の場合はどうでしょうか。。。。。

 

 

そもそもビジネス衣料という概念がないように思えます。私の把握しております限り、日本には「女性用ビジネス服」の専門店はまだまだ少ないですし、デパートにも「女性用ビジネス

スーツ売り場」自体が存在しません。海外インポートなどのブランドには、エレガントスーツのコレクションはありますが、女性社長でもない限りはそのようなハイブランドを着て会社

には行けないと思います。

publicdomainq 0037081oiv 265x500 - レディースのオーダースーツに力を入れる理由。

クン。スン。(寂)

なので、女性が会社に着ていくスーツを探す場合は、比較的スーツが多い店を複数店舗回ってみて比べて買う、ということになるのですが、これがとても不便です。2つの迷っているス

ーツが別のフロア(もしくは、別の地域の別のお店)で売られているわけで、「鏡の前で迷っているスーツを直接比べる」ことができないのですから。

そんな苦労をする女性からすると、男性のスーツ売り場は驚きますよね。

体型と身長を分けて選べたり、シャツでも首周りから腕の長さまで選択肢がありますからね。

女性用のスーツでは、3サイズ揃えてあれば上出来だし、時には「弊社はワンサイズです」というお店もあります。サイズが合っても、素材やデザインが1種類しかない場合もよくあり

ますよ、、といったご意見はとても多く聞きます。

紳士服売り場ではどんな体型向きのサイズでもほぼ揃っている上に、生地の素材や色味、値段、ワンボタンからスリーボタンまで多彩なスタイルのバリエーションが1カ所に集約されて

いますよね。最近は“機能性スーツ”の開発も進んでいて、「何て便利なんだろう」と思います。女性用スーツには、いまだにポケットが1つもないスーツがたくさんあるのも現実ですよ

ね。

最近、デパートは売り上げが縮小してどこも苦しそうですが、なぜ女性向けスーツ専用フロアを作らないのかとても不思議です。東京とか「そこに行けば、どんな体型の人も、会社に着

ていく服が必ず揃う」売り場をもっと集約して出店すべきですよね。

 

年配向けの女性のスーツはあまり売られていない。

 

男女比較ではなく女性服の中で比較すると、若年層向けのブランドではそこそこスーツ的な洋服も増えてきています。また最近は紳士服専門店も、リクルートスーツを中心に女性用スー

ツを売り始めています。リクルートスーツはそれなりにバリエーションが豊富です。この時期には男性と同数の女性がスーツを求めますから、市場として認識されているようです。

また、20代前半は“OL”の年齢なので、多くの女性が会社で働いています。最近は制服のない会社も多いので、若い女性向けのスーツも一定量出てきています。ただ、かなりローライズ

のパンツにピタピタのジャケットという、仕事のしやすさより見かけを優先したスーツがまだ多いようです。それ以外で売られている女性用スーツは、“子どものお受験の面接に行くた

めのお母様スーツ”です。これらはネイビーや真っ白の上品なスーツが多く、あまり仕事用には向いていません。

さて、40代以降の女性のためのビジネススーツは、品揃えも売っている場所も極端に少なくなります。これは、「女性が仕事でスーツを着るのは、リクルートスーツと結婚前のOL時代

のみ」という昔ながらの概念から来ているのでしょうか。

アパレル業界的には、「女性は30歳前後で結婚して家に入るもの。例え子育てが終わって再度働くとしても、スーパーのレジ打ちや飲食店などに職を求め、まさかフルタイムで働く企

業に復帰して管理職になったりはしない」と考えているようです。

ちなみに女性閣僚をテレビで見ていると、50歳を超えている方でも、よくスーツを着ています。それらのスーツは、体のラインに合わせてものすごくきれいに作ってあり、“一目で分か

る”オーダースーツが多いです。色も目立つものが多く、まさにエレガントな衣装ですよね。

18722602 102724640301999 1333372390884769792 n 500x500 - レディースのオーダースーツに力を入れる理由。HTB1pk 500x500 - レディースのオーダースーツに力を入れる理由。

シュッ。(華)

管理職の年齢になった女性会社員の中には、若い子用のスーツを無理矢理着ている人も多いようですが、年齢的に体型も変わってくるし、デザインもやっぱり「この年でこんなタイトフ

ィットなジャケット着られないでしょ」という場合も多いそうです。

ちなみに、女性用スーツが売られていないこととどちらが先かは分かりませんが、職場では女性のスーツは男性のスーツほどの画一性は求められません。平社員なら、エレガントスーツ

でもワンピースにカーディガンでも違和感はないでしょう。

しかし女性も管理職になって、それなりに責任が大きくなり、対外的な役目を負うようにもなると、“それなりのスーツ“が必要になります。

今はどこの大企業も「女性役員を輩出したい」と必死になっていますが、その「将来役員になる女性」、つまり「今は部長とか課長である女性」が着るべきビジネススーツがこんなに売

られていないところを見ると、結局まだそんな人はほーんの一握りしか存在していないってことなのかな、と思えます。

 

40代半ばですと、そろそろ管理職、上級管理職(役員を含む)に抜擢されようとしている時期です。女性の職場進出はその後、急速に進んでいるのでこれからますます“管理職として着

るスーツが必要”という女性も増えると思います。

以上の観点から、オーダースーツに興味を持って頂いてます女性の需要はまだまだ伸びていくと思います。

 

谷町:京都:梅田

田原

 

京都でオーダースーツを検討中の方はこちらから

SARTO KLEIS(サルトクレイス)京都店
営業時間 月曜日 - 日曜日 11:00~20:00
※木曜日定休日
京都府京都市中京和久屋町342
TEL:075-221-2590