今月の開催中キャンペーン情報

ゴージラインとは?高さ別による印象の違いやトレンドは?

blank

スーツの印象を左右する「ゴージライン」。

そもそもゴージラインとは?

高さによって印象が違うっていうけど、どう違うの?

と疑問に思っている方もいるでしょう。

今回はゴージラインについて詳しくご紹介いたします。

ゴージラインでスーツの印象が変わるのでぜひ参考にしてください。

目次

ゴージラインとは?

主に上襟と下襟の境目の縫線のことです。

カジュアル衣料からドレス衣料まで、「ジャケット」と呼ばれる類の上着には必ずこの線が入っております。

ゴージラインの高さによる印象の違いは?

ゴージラインの高低差はとても深く、印象というよりはその国のオリジナル性が大きく反映されます。

ゴージラインが高い時の印象

年代毎で高さも絶妙に違っており、高めに位置づけられたゴージラインは、やや都会的でハイセンスな印象を受けます。

時代の移り変わりに敏感な層には受けが良いでしょう。

大量生産系の仕立て屋さんに多く見られるパターンです。

ゴージラインが低い時の印象

正統派でクラシックな印象です。

ハイゴージとの決定的な差は、低さの限度によっては全体のパターンを修正しないと成り立たないことです。

一着を慎重に、敏感に提案する仕立て屋さんに多く見られます。

「紳士」と呼ばれるドレッサーは基本的にこのゴージ位置が日常です。

【2023】トレンドのゴージライン

ヨーロッパではゴージの「高さよりも、傾斜」に注力したサルトリアが多くみられます。

また手縫いのゴージラインはとても繊細な境界線になり、上襟と下襟が真っ当に一体化している印象です。

「個性」という意味合いが大きく変わった2023年では、各々の潜在的な趣向によってゴージラインを変えながらお作り頂くと満足感は高まるかと思います。

まとめ

高めのゴージラインは都会的でハイセンスな印象を与え、低めのゴージラインは正統派でクラシックな印象を与えることがわかります。

ゴージラインはスーツの印象を左右する大切な要素であるため、今回の記事を参考にして、自分に合ったスタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

  • URLをコピーしました!
目次