皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

朝晩ひんやりとしてきましたね。

恒例の京都イベントのお知らせですが、今回はこれまでとは打って変わって西洋美術の催しからご紹介いたします。

当店からもほど近い京都文化博物館で開催されております「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ—線の魔術」です。

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が紡ぎだした「線の魔術」ともいえる華やかな作品は、没後80年経った今なお、世界中の人たちを魅了し続けています。

本展では、ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品はもとより、ミュシャ幼少期の作品、蔵書や工芸品、アトリエで撮影された写真、祖国チェコへの想いを込めた作品などを通して、ミュシャの多様な魅力に迫ります。

ほかにも、ミュシャの作品から影響を受けた明治期の文芸誌から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品まで、およそ250点を展示されます。

時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、これまでにないミュシャ展のようで必見ですね。

さて、本題です。

今回は「オーダータキシード」です。

06901 01 2 - オーダータキシード 昼か夜?

フォーマルウェアはメンズウェアの中でも、ルールが厳格にありながら着用する機会が限られるため、着方などわからないことが多いのではないでしょうか?

フォーマルウェアに関しては日本独自のルールがあり、グローバル化が急速に進むなか国際社会からは奇異に映ることもしばしばです。

たとえば、フォーマルウェアには基本として「昼と夜」「正・準・略」の6パターンがございます。

大きく分けて3つがあり、最もフォーマル度の高い「モストフォーマル(正礼装)」、

その次に「セミフォーマル(準礼装)」、そして「インフォーマル(略礼装)」です。

この3つにおいてそれぞれ「昼と夜」で着用するべき服が異なるということです。

但し、略礼装だけ「昼と夜」の区別は大きく問われません。

簡単なようでややこしく、複雑ですね。

ここでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、日本では時間帯によって服を着分けることがございません。

これが日本独自のルールのひとつです。

他にある日本独自のルールとして、「慶事の黒い略礼服」があります。

結婚式に出席する多くの男性ゲストがずらりと黒い略礼服に白無地のネクタイをつけている光景は、フォーマルウェアの国際社会からは奇異に見えると指摘されています。

このような習慣が、実はアパレルメーカーから発案されたのをご存じでしょうか?

戦後に礼服を普及させるべく、様々な試行錯誤の末に「黒のダブルスーツ」を商品化させたのです。

黒と白は羽織り・袴の印象から取り入れ、ダブルにしたのは単純に「シングルより立派に見える」という理由からです。

同様にパンツの裾もダブルだったそうです。

この略礼服は日本のみでしか通用しませんが、長きにわたり日本の礼服の基本形として定着していきました。

そこで「タキシード」ですが、日本では昼間の結婚式に本来は夜の礼服であるタキシードを着るということがございます。

服装に季節での区別はあっても昼・夜と時間の区別がない日本ならではの習慣で、国際社会においてはルール、マナー違反となりますね。

とはいえ、フォーマルのドレスコードも長い歴史のうえで時代に沿って刻々と変わっていることも事実です。

では、今の時代に合った王道の「オーダータキシード」スタイルをご紹介いたします。

 

image2 7 - オーダータキシード 昼か夜?

・ジャケット→黒または濃紺(ミッドナイトブルー)が正式です。ラペルはサテンなどの拝絹地付きでピークドラペルもしくはショールカラーが主流です。

・シャツ→白無地のウイングカラーまたはレギュラーカラーが良いでしょう。胸にプリーツが入ったものが正式ですが、フリル入りもしくは簡略化されたフライフロントでも可です。

.jpg - オーダータキシード 昼か夜?

・タイ→黒無地のボウタイ(蝶タイ)が正式ですが、最近は黒以外の色柄も着用されます。

・ベスト→ジャケットと共生地または下の画像にあるカマーバンドのどちらかを着ます。ジャケットがダブルブレストの場合は着用しません。

.jpg - オーダータキシード 昼か夜?

・パンツ→ジャケットと共生地が正式です。サイドに側章を入れます。ベルトでなく、サスペンダーを使ってください。

・アクセサリー→スタッドボタンとカフリンクスは黒蝶貝や黒オニキスが最適です。

.jpg - オーダータキシード 昼か夜?

・シューズ→黒のオペラパンプスまたはエナメル素材の紐結びタイプ

.jpg - オーダータキシード 昼か夜?

上記のスタイルからマナーに反しない限りで、ご自身の個性を発揮するタキシードをオーダーされてみてはいかがでしょうか。

サルトクレイスではフォーマルウェアはもちろん、ビジネスシーンや式典など様々な装いにお応えいたします。

他にご不明な点などございましたら、スタッフがご説明させていただきますので、何なりとお申し付けください。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

京都店

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ご来店前、事前のご連絡(ご予約)をいただけますと幸いです。

お客様ご対応中や混雑時、長らくお待ちいただく可能性がございます。

急なご来店の場合も最大限対応させていただきますが、

事前にご予約いただいているお客様を優先させていただきます。

ご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※