皆様こんにちは

 

 

サルトクレイス梅田店です

 

 

タイトル通り今回は謝罪をする時の装いについてご案内させて頂きますね

 

 

最近のニュースでは大手会社(某お笑い組織や某電力会社など)の会見がありましたね

 

 

メディアのニュースの三分の一は何かしらの謝罪について報じている気がします

 

 

(残りの三分の二は芸能ゴシップかスポーツ関係ですかね)

 

 

いろんな案件でみなさま一生懸命謝っています

 

 

視聴者側の皆様は「あほやなぁ、、、悪い事するからやで」と

 

 

他人事に思われる方がほとんど(100%(笑))かと

 

 

あそこまで取り上げる会見は一般の方々はなかなか

 

 

ご自身事とは考えにくいとは思いますが

 

 

社会人のみなさま会見まではいかなくとも

 

 

謝る場面は少なからずありますよね

 

 

謝罪時の格好=スーツは皆様なんとなくイメージ持たれているかと思いますが

 

 

普段着ているスーツでいいのか?

 

 

もしくは普段は制服や作業着だけど何かトラブルが起きて

 

 

取引先に謝罪に向かう時に着ていく格好はどのようなものがいいのか

 

 

実際にその場面にならないと考えもしませんよね

 

 

誰だって怒られたくはないしマイナスなことは考えたくないですよね

 

 

それでも謝ることは社会を生きる上で付いて回ることです

 

 

私のような平社員はもちろん、役職がある方も

 

 

なんなら社長になっても皆様謝ってます

 

 

起きてしまったことを悔やんでしまう気持ちはとても分かりますが

 

 

まずは精一杯謝ること!それも出来るだけ早く!

 

 

時間が経てば経つほど不誠実に感じられます。

 

 

業種によってはスーツでなくても構わないかもしれませんが

 

 

人様にご迷惑をお掛けしてるのラフな格好(Tシャツにデニムなど)で謝っても

 

 

正直伝わらないですよね、どれだけ一生懸命謝っても服装が正しくないと意味はありません

 

 

スーツ着てればいいんでしょ?と思われてる方、、、

 

 

反省が足りないかもしれません。(笑)

 

 

どうゆこと?思われる方

 

 

極端な例ですが結婚式に着ていくような華やかなスーツ

 

 

謝罪時に着ていくのは果たして正解なのか・・・

 

 

もちろん不正解ですよね

 

 

そんなこと分かっとるわい!と突っ込みが聞こえてきます、、

 

 

が、意外と多いんですよ!普段スーツを着ない職業の方が

 

 

いざ謝罪しなくちゃいけない場面になると友人の結婚式用で用意したスーツしかないって

 

 

ではどんな形のスーツがNGなのか

 

 

オーダーで作られた方はデザインを決める時に拝見されたこともあると思いますが

 

 

ジャケットの下衿がとがった形のピークドラペル

 

 

こちらの衿の形はフォーマル向けの形なので謝罪時のスーツの形としてはNGです

 

 

 

あとはダブルのスーツやジャケパンスタイルなども不向きです

 

 

ジャケット羽織ってたら大丈夫でしょなんて考えてる方は

 

 

謝りに行っても逆効果です!危ないです!戻って来てください!

 

 

「ふーアブナイ、アブナイ」余計に怒られるところでしたね

 

 

形はベーシックなもの!衿はノッチドラペルです!

 

 

では、形だけ気にすればいいのかと言うと違います

 

 

形の次はスーツの色です!

 

 

え、派手じゃなければいいんじゃないの?

 

 

黒無地でオッケーでしょ

 

 

謝罪ですよ!派手なものはもちろんですが

 

 

仕事着のスーツでよく見かけるストライプ柄なども不向きですし

 

 

無地でも明るいグレーやブルーの生地もよろしくありません

 

 

黒無地も威圧的な印象があるのでNGです

 

 

じゃあどういうのがいいのか、、、

 

 

形同様にベーシックな色で

 

 

濃紺かチャコールグレーの無地など望ましいです

 

 

謝罪時はもちろんですが

 

 

どちらも落ち着いた印象なので持っていて間違いない1着です

 

 

せっかくオーダーでつくるのだから自分の個性を出したい気持ちは分かりますが

 

 

TPOを考えて使い分けるのが出来るビジネスマンです

 

 

 

形・色が決まったのでもう安心!

 

 

もう少し、もう少しだけお付き合いください

 

 

スーツとくれば合わせるシャツとネクタイは外せません

 

 

いくらスーツに気をまわせても

 

 

合わせるシャツとネクタイが合っていなければ台無しです

 

 

ただスーツに比べればシャツとネクタイは簡潔です

 

 

まずはシャツから

 

 

白無地

 

 

一択です!

 

 

色物のシャツや柄物はNG(爽やかなブルーやビジネスライクなストライプ柄も控えましょう)

 

 

白無地は皆様1枚はお持ちですよね!そちらでお願い致します!

 

 

細かいですが白無地でも衿の形ははボタンダウン避けましょう(カジュアルな形になりますので)

 

 

ではネクタイはどうなのか

 

 

オススメはネイビーかアース系がオススメです

 

ネイビー=誠実な印象

アースカラー=落ち着いた印象

 

ネクタイに関しては必ずしも無地である必要はありません

 

むしろ小紋柄やレジメンタルのネクタイは色同様に

 

誠実さや落ち着いた印象を演出するので

 

謝罪時には向いている柄物になります

 

 

逆にネクタイのNGは

 

 

赤やボルドーの攻撃的なカラーや

 

黄色の元気さをイメージするカラーは不向きですので気を付けましょう

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

いろいろとご案内させて頂きましたが

 

 

要約すると謝罪時のスーツは個性を抑えて

 

 

ベーシックな形と色を選ぶことがポイントです

 

 

あくまで謝罪なので

 

 

主観でなく客観的にみてどうなのかが重要なポイントです

 

 

サルトクレイス梅田店

 

久保