皆様こんにちは。オーダースーツショップ谷町本店です。

オーダースーツをご注文される場合、皆様はどこにポイントを置かれますでしょうか、

一般的なご意見をお伺いしますと、「生地の良し悪し」「サイズが合っているか」が大きなポイントになりますでしょうか。

「先日新しいスーツ買ったんだよね~、ボーナス払いでイタリアの生地にしちゃったよ~全然ちがうんだよね、なんていうのかな、、、艶が違うんだよ、艶が!」

などのお話は友人や店舗に初めて来られるお客様からよくお聞きします。

「仕立て」という大きな枠の中では決して間違いではありませんが、実は「正解」でもありません。

 

いきなりですが、本題に入りたいと思います。

生地がどれだけハイグレードなインポートの生地であっても「骨組み」となる、「芯地」「副資材」が化繊や安価なものであれば、生地を支える力は頼りなく、立体的なフォルム構築はできません。

 

着用するお客様が実際に「目で見えるところ」だけを良く見せようとしたコストを抑えたスーツほど型崩れも早く、長持ちはしません。

 

ではオーダースーツをご注文する際に不可欠な要素を紹介します。

それは「生地」+「縫製、毛芯」+「型紙:パターン」がどれだけお客様にフィットしているか、

に尽きます。

※フルオーダーは別の要素が含まれるので割愛※

 

「生地」がハイグレードでも「縫製」が悪ければ消耗も早く、せっかくのオーダースーツが台無しになります。

 

即ち、上記の3つが上手に絡み合えば国産生地でもより良い仕立てになり、いつまでも愛着のあるスーツとなります。※手持ちの着数にもよります。春夏4~5着、秋冬4~5着もあれば十分にストックは揃います※

愛着のあるスーツは社の命運を懸けた、大事な商談、交渉、表彰式、立食パーティー、オフィシャルな場面において大いに活躍し、大切な装いの1つとなります。

それはやがてビジネスパーソンのマインドを一気に格上げし、「仕立てを通じて自分だけのオーダースーツ仕立てる際のマイルール」が出来上がる事となるでしょう。

単純に高価なスーツが良いのではなく、自分を高揚させてくれる、半歩先を行った価値相応のスーツこそが、良い仕立てなのかもしれません。また、私たちはお客様の背中を押す、サ

ービスの提供を日々鍛錬し、精進していかなくてはなりません。

 

そんな価値あるお仕立てを可能な限りリーズナブルにお安く、ご提供できるのは、自社の長年の実績と経験と数多の挑戦があってこそ実現出来たのです。流行の型紙だけを取り入れて

も、正統派でクラシックスーツがお好みのお客様にも対応出来なければ、それはテーラー、アドバイザーとして何の意味もなし得ません。デザイン面に関しても、常に時代性を意識した

勉強会を職人と共に作り上げないと、ファッション産業とオーダースーツ産業が交差した現代のスピードには到底ついていけないものと考えております。また型紙:パターンをお客様の

体型に合わせていく作業、数値作業もなかなか骨の折れる仕事になります。接客対応、が終わった後でも、怒り肩や、撫で肩、前肩、左右肩幅の違う場合や、ハードワークをこなすビジ

ネスパーソンに多く見られる、左右どちらかの肩が極端に落ちておられるお客様など、、場合によってはお写真を撮らせて頂き、再度たくさんのキーワードを思い返しながら伝票に落と

し込むまで夜通し考える場合も御座います。それはなぜか、、、そこにはお客様一人一人の日常生活のスタイルをヒアリングし、汲み取らなければならないからです。

先月お越し頂いた男性の顧客様の中にも、一番最初に作成したスーツの前釦の位置がだんだん左右非対称になってきた、と悩みを抱えておられました。いろいろビスポークしていくうち

に、日々の生活の中で徐々に体型変化が起こっている事に気付かれました。就寝時やオフィスワークの姿勢、車の運転姿勢、食事の姿勢などでも骨盤や人体の歪は必ず起こります。モデ

ルさんや、俳優さんでもなければ、毎週骨盤補正に行ったり、ヨガ、ジム、整体、そこまでストイックに体型維持に努めておられるお客様は少ないかと思います。

上記の様な体型の悩みにも気付き、補正を加え、緻密に製作に取り掛かる事が重要になってきます。

誂えたスーツを着て、周囲から「え?、それがオーダースーツですか?。。。」

など、分からない状態のお仕立てでは、既製品と変わりません。洋服にはゴールもなく、正解もなく、いつも自分の中に「答え」があります。自分が納得しているからそれでOK、とい

うのはあくまで自己満足の世界で、オフィシャルな世界で常に闘うビジネスパーソンが装うスーツには出来る範囲でエレガントに着て頂きたいものです。

本日はオーダースーツとは「生地」や釦以外にも重要なファクターが密に終結しているというコト、モノ、ヒトが、少しでも多くの皆様に伝われば嬉しく思います。

現在不慣れなパソコン入力で1870文字です。目標の2000文字まであと少しで限界がきておりますので本日はこのあたりで失礼致します。次回からはレディーススーツや、オーダーシャツ、ベルト、小物類

まで幅広いブログも掲載していこうと考えております。ぜひともショップまで足を運んでいただければ幸いです。